大学生のコンピュータリテラシの今2016-06-08

2016-06-08  當山日出夫

去年から、担当する授業を整理することにした。具体的には、コンピュータ操作の入門の授業を一つ辞めることにしたのである。

理由は主に次の二つである。

第一には、もう自分も年をとってきたので、そろそろ辞めにしたいという気になったことである。

一般の大学などにおける定年の年齢までには、まだ余裕がある。しかしである、大学生にコンピュータを教えるといっても、その大学生が生まれたのは、昔、Windows95が出てからのことになる。ものごころついたころには、身のまわりに、インターネットにつながったパソコンがあった世代である。その世代の学生を相手にして、Windowsはおろか、MS-DOS以前からパソコンを使っている人間が、もはやものを言う時代でもないだろうと思う。

大学生のコンピュータリテラシは、確かに向上している。もう、大学でWordやExcelの基本操作など、教えなくても、大丈夫だろうという気になっている。

第二には、これとは、まったく逆になるが、大学生のコンピュータリテラシが低下しつつあるので、ついていくのがつらくなってきた、ということにある。

その原因は、スマホ(スマートフォン)である。スマホひとつあれば、コンピュータでできることの、かなりのことをやってしまえる。私は実見したことはないが、スマホでレポートを書いてしまう学生もいるという。このような学生を相手にして、WindowsやWordの基本操作を教えるのは、骨がおれる。

以上、二つの理由。相反することがらであるが、これらのことが同時進行で起こっている。このような状況にあって、もはや私などの出る出番ではないな、と実感するようになってきた。

大学生のコンピュータリテラシは、今、両極端に分化してしまっている。コンピュータを使いこなす学生と、それができないでいる学生とにである。これから、大学生に対するコンピュータ教育は、どんどん難しいものになっていくにちがいない。その前に、私は、もう辞めようとと決断したことにになる。

それよりも、本がよみたいと思うようになった。(だから、このブログを再開してみたということもあるのだが。)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/06/08/8107191/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。