トルストイ『戦争と平和』2016-09-09

2016-09-09 當山日出夫

トルストイ.工藤精一郎(訳).『戦争と平和』(新潮文庫).1972(2005改版)
http://www.shinchosha.co.jp/book/206013/

全四巻である。

実は、この作品、若いとき(学生のころだったろうか)、一度、読みかけて挫折している。それを、今回、新しく買って(版がきれいになっている、字も大きい)読み直してみた。今度は、意外なほどにすんなりと全部読み切ることができた。

この作品については、いろんな人がいろんなことを書いているはずである。今更、私が何を付け加えるべきほどのこともないだろう。だが、強いていえば、というあたりをいささか。

この作品のメインのテーマは、「歴史」である。歴史とは何か、歴史を動かしているのは何であるのか、作者は問いかけている。そのせいだろうと思う。かつて、若いときの私がこの本を途中で読むのをやめてしまって、逆に、今になって読み切ることができたのは。

私は、昭和30年の生まれである。1955年。いわゆる五五年体制のできあがった年になる。世界史的にみれば、東西冷戦に突入したあたり。そんな私にとって、歴史とは、過去のもの、あるいは、静止したものだったように思う。太平洋戦争(大東亜戦争)が終わって10年。これは、もう過去のことであった。まだその記憶が生々しかったとはいえ、もはや戦後ではない、と言われた時代になっていた。そして、世界の歴史をみれば、東西冷戦で、ここでも時間は止まっていたかのごとくである。キューバ危機やベトナム戦争はたしかにあったが、全体として、世界の歴史は止まっていた感じがする。

国内的には、五五年体制。国際的には、東西冷戦。こんな状況のなかで、若いときをすごしている。ふりかえってみると、このような状況のなかでは「歴史」とは、過去についての知識、あるいは、非常に観念的なものとしてあったように思い出す。私は、歴史は好きな方であった。だが、その歴史は、過去にあったことがらについての知識・解釈であった。

しかし、この歴史が、現実の世界のものになったのが、1989年のベルリンの壁の崩壊、2001年のアメリカでのテロ事件、国内的には、五五年体制の崩壊、2011年の震災、原発事故……このような状況のなかで生活してくると、(たとえ、それがテレビや新聞などによる知識としてであったとしても)まさに「歴史」のなかにいるという感覚になる。

そのせいだろうと思う。『戦争と平和』を読んで、そこに生きている歴史を感じ取ることができた。単なる知識(過去にあったことを知っている)ではなく、今自分が生きている世界、この世の中が、なぜこのようにあるのか、なぜこのようなできごとがおこるのか、生活感覚として実感するようになってきている。だから、この年になって『戦争と平和』を読んで、そこに描かれた「歴史」に何かしら感じるものがあったのであろう。

若いときは、ただ若かったというだけではない。その当時の政治、世界の状況のなかで、生きている歴史というものを、あまり感じることがなかったように思い出すのである。これが、たぶん、『戦争と平和』を今になって面白いと感じる要因であるのだろう。

だからといって、『戦争と平和』に書かれた歴史(ナポレオンのロシア侵攻)に通暁しているわけでもないし、そこで述べられているトルストイの歴史観に、全面的に賛同しているというわけでもない。現在、言語論的転回を経た後の歴史とは、改めて考え直されなければならないものになっていることは、承知しているつもりである。

だが、歴史とは何かを問いかけようという姿勢そのもの、歴史を描き出そうという気概のようなもの、それには、深く共感するところがある。

『戦争と平和』、この夏に一読したでけではもったいない。もうすこし時間がたってから、再度、再再度……何度か読み直してみたいと思っている。まだ、それぐらいの時間の余裕は、自分にも残されていると思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/09/09/8175825/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。