手帳のはなし2016-09-28

2016-09-28 當山日出夫

今年も、来年の手帳を用意しなければならない時期になってきた。先日、近所のホームセンターに行ったら、文房具売り場のところに、来年の手帳がならんでいた。家にかえってさっそくオンラインで注文した。店で買ってもいいのだが、どうせ同じ種類のを毎年つかっているので、型番がわかればオンラインですむ。

私が毎年つかっているのは、高橋の104番、というものである。
http://www.takahashishoten.co.jp/notebook/31104.html

見開きの左が、一週間の予定(時刻の目盛りもある)、右が、空欄になって自由に書き込める。

昔は、歴史手帳(吉川弘文館)をつかっていた。学生のころのことである。何のためかというと、西暦と年号の対照表を見るためである。日本の古典文学など勉強していると、自分が机にすわって勉強していて、そのまま手のとどくところに、西暦・年号の対照表がないといけない……そんな気持ちから、使っていた。

ただ、普通の手帳としては使いにくい。右のページに、いろいろ歴史的な事項が印刷してあるので、書き込みがしにくい。特に、週末の予定について、細かに何か記しておこうとすると邪魔になる。

一時、山川の歴史手帳をつかっていたこともある。これも便利だが……サイズが小さいので、ちょっと使いにくかった。逆に、吉川弘文館のは、大きすぎて、これも困った要因になる。その吉川弘文館の歴史手帳も、近年、さらにサイズが大きくなっている。

そこで割り切ることにした。手帳は手帳として使いやすいものを選んでつかう。それとは別に、歴史手帳を買って、それを身の回りにもっておく。手のとどくところにおいておく。このように考えるようになった。

手帳についてふりかえれば、今でも売っているが、一時、システム手帳というのがはやったことがある。だが、私は、なんとなく好みに合わなかったのでつかなかったし、今でも使っていない。綴じるためのファイルのリングが中央にくるため、左ページに書き込みがしにくい、というのが主な理由なのであるが。

これは都市伝説なのだろうか……と思っている知識なのだが、件のシステム手帳というもの、かなりサイズが大きいものになる。これは、身につけてて持ち運べる限度を考えてのことらしい。だが、これも割り切りだと思っている。どうせカバンにいれて持ち運ぶものであるなら、大きさは大きい方がいい。逆に、服のポケットにはいる……夏場、上着のシャツのポケットにも充分にはいるサイズとなると、これは、小さめのサイズがいい。システム手帳、あるいは、大きめのサイズの手帳というのは、夏でも上着を着ているような気候・環境、あるいは、そのような服装をする職業でないと意味がないことになる。

そういえば、学生のころ、習ったある先生。日本美術史が専門の先生だったと記憶するが……吉川弘文館の歴史手帳の西暦・年号の対照表のところだけをきりとって、別の手帳にはさんでつかっていた先生がいた。これもひとつのアイデアだと思って、感心してみていたが、自分では実行せずに、今にいたっている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/09/28/8203746/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。