京都文化博物館「日本の表装」2016-12-25

2016-12-25 當山日出夫

今年の授業がようやくおわったので、仕事ではなく、京都に行ってきた。京都文化博物館で開催中の「日本の表装-掛軸の歴史と装い-」を見るためである。

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_shibun_post/soukou2016/

これは非情に珍しい展覧会である。私の知るかぎりでも、一部の人にとっては、かなり話題になっているようだ。

一般に、日本の絵画とか書跡とかは、掛け軸であったり、あるいは、巻子本で見ることが多い。この展覧会は、その「表装」そのものの歴史を追ったもの。

この展覧会、京都文化博物館では、前期と後期がある。
前期 2016年12月17日~2017年1月15日
後期 2017年1月17日~2017年2月19日

そして、これと同時開催で、京都大学総合博物館でも展覧会がある。

日本の表装-紙と絹の文化を支える-
2017年1月11日~2017年2月12日
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0060.html

興味深いというか、ありがたいことに、これら二つの展覧会の図録が、一つにまとまっている。縦書きで右に開くと京都文化博物館、横書きで左に開くと京都大学総合博物館、というようになっている。

文化博物館の方を見てみると、実際に展示されているよりもずっと丁寧に解説が書いてあり、図版・写真が掲載になっている。値段は1800円(+税)。この図録を買うためだけにでも、出かける価値はありそうである。

ともあれ、日本の古典籍をあつかう研究領域の一部(訓点語)というようなとところで、研究生活をおくってきた身としては、まさにありがたい、そして、非情に勉強になる展示であり、図録である。

この冬休みは、図録を読んで、それから来年になったら、文化博物館の後半の展示と、京大総合博物館の展示を見に行ってくるつもりでいる。

追記
後半の展示と京大の展示については、
やまもも書斎記 2017年1月25日
京都大学総合博物館「日本の表装-紙と絹の文化を支える-」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/01/25/8332968

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/12/25/8290655/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。