宮部みゆき『希望荘』2016-12-31

2016-12-31 當山日出夫

宮部みゆき.『希望荘』.小学館.2016
https://www.shogakukan.co.jp/books/09386443

宮部みゆきの作品としては、杉村三郎シリーズということになるが、先に刊行された作品……『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』……とは、ほぼ完全に独立している。この作品では、その後の杉村三郎が私立探偵として活躍する。

収録されているのは、「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身(ドッペルゲンガー)」の四作の、中短編。

出たときに買って、前半の二作品「聖域」「希望荘」を読んだ。確かに、宮部みゆきの作品である、現代ミステリとして水準に達しているとは感じたのだが、特にこれはいいとは、正直思わなかった。

年末になって、各種のミステリベストが発表されると、週刊文春ミステリーベスト10にはいっている。四位。で、ともかく最後まで読んでみることにした。

『希望荘』は、「聖域」で、主人公・三郎が私立探偵をはじめることになって、事務所をかまえるところからスタートする。宮部みゆきの現代ミステリである。それなりに、現代社会のかかえるいろんな問題を、さりげなくおりこんである。「砂男」は、ちょっと時間がさかのぼって、主人公・三郎が、私立探偵をはじめるきっかけになる事件をおっている。そして、「二重身」である。

(これは書いていいことと思うので書くが)この作品「二重身」は、東日本大震災後の東京が舞台。この作品『希望荘』の始まりからは、かなり時間がたっている。ふむ、これは、作者が、東日本大震災の時の東京、そこに暮らす人びとの生活を描きたかったのか、と思って読んだ。これは、そのとおりである。今から数年前のこと、2011年の3月11日からしばらくの東京に生活する人びとの「実感」とでもいうべきものが、宮部みゆきらしい、落ち着いた、ほんわりとした筆致で描かれている。

だが、これだけでは、この本が、今年のベストに入るとは感じられなかったのだが……途中で気付いた、このトリックをつかいたかったのか……。

おそらく、多くの日本の人であれば知っているある有名な作品(広義にはミステリの範疇にはいる)でつかわれたトリックがここでもつかわれている。ここで、この作品名を書いてしまうことはしない。無論、細部にわたっては、トリックの意味や使い方はちがってきているが。

このトリックは、もう二度と他の作家はつかえないだろうなあ、と思ったのであるが、しかし、宮部みゆきは、ひょっとしたら、この作品「二重身」を書きたいがために『希望荘』に掲載の作品を書いていったのではないか、そう思ってしまう。

たしかに、ミステリの世界では、トリックの使い回しということは、よくあることである。だが、ここで、このトリックを、こういうふうにつかうとは、と思った。『希望荘』がベスト10にはいった理由は、このところにあるのか、と私としては思ったのである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/12/31/8298969/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。