『千羽鶴』川端康成2017-02-26

2017-02-26 當山日出夫

川端康成.『千羽鶴』(新潮文庫).新潮社.1989(2012改版)
http://www.shinchosha.co.jp/book/100123/

この作品の成立の事情は、かなり複雑なようだ。連作短編ということで発表していったもの。昭和27年には、『千羽鶴』として、まとめられていた。その後、続編を書き続け、どこで終わるともなく、終了している。作者としても、ひとつの長編を書くというよりも、連作短編を書き継いでいって、あるところまでくれば、それで終わり、というようなことだったらしい。このようなこと、この新潮文庫本の解題(郡司勝義)に概略がしるしてある。

とりあえずは、『千羽鶴』として発表されたところだけを、ひとつの作品と見なしてもいいのだろう。このあたり、作品という「単位」が不明瞭である。これは、ある意味では、川端康成の文学創作の方法とでもいうべきことであるのか。

新潮社のHPには、つぎのようにある。

「父の女と。女の娘と――。背徳と愛欲の関係を志野茶碗の美に重ねた、川端文学の極致。」

まさにこのとおりの小説。

そのせいであろうか、『山の音』で感じたような、文学的感銘は、この小説にはない。いわば、登場人物の思いに共感するとでいおうか、そのような要素は、この小説には感じない。……まあ、普通に考えて、『山の音』の家庭の有様を我が身になぞらえて想像することはできても、『千羽鶴』のような人間関係を、実際に経験するような人間は、決して多くはないはずである。

しかし、そうはいっても、読んでいて、ふと、小説の琴線に触れるとでもいおうか、ああ、ここは川端文学の美学だな、と感じるところがいくつかある。

「夫人は人間ではない女かと思えた。人間以前の女、あるいは人間の最後の女かとも思えた。」(p.80)

「夫人が菊治に父の面影を見て、あやまちを犯したのだとすると、菊治が文子を母に似ていると思うのは、戦慄すべき呪縛のようなものだが、菊治は素直に誘い寄せられるのだった。」(p.99)

それから、次のような描写。

「夫人の骨の前で眼をとじた今、夫人の肢体は頭に浮んで来ないのに、匂いに酔うような夫人の触感が、菊治を温かくつつんで来るのだった。奇怪なことだが、菊治には不自然なことでもないのは、夫人のせいでもあった。触感がよみがえって来ると言っても、彫刻的な感じではなく、音楽的な感じであった。」(p.88)

自分が関係をもった女性が死んで、その骨を前にしての感想である。このような文章に接すると、はっとする。共感するというのではないが、想像の世界のなかで、このようなこともあり得るのか、その極致とでもいうべきところを、なんとなく感じる。このようなものこそ、文学的感性、美的感覚というのであろう。

文学といっても、それが書かれた時代、土地、社会によりそうようなものもあれば、それらから超然として、美的境地を描き出すようなタイプの作品もある。さしずめ、川端康成はその典型とでもいうべき作家であろう。川端康成の小説から、その「時代」を読み解くことはできない。しかし、その「美」の世界を鑑賞することはできる。いや、そのようにしか読めない、といった方がいいだろうか。

この『千羽鶴』に描かれたような「美」の世界に共感するもの、それは、さらにいえば、時代や民族といったものをつきぬけてしまう。いわば、普遍的な世界に達しているとでもいえようか。この意味において、川端康成が、ノーベル文学賞を受賞したということは、理解できる。

私のわかいころ、学生のころ、川端康成は、まだ現役の作家だった。ノーベル文学賞の受賞のことは記憶にある。そのこともあって、その作品のいくつかは読んだものであるが、『伊豆の踊子』とか『雪国』ぐらいは、なんとか理解できても(そのつもりになることはできても)、『山の音』などは、はっきりいってわからなかった。それが、ようやく、このごろ……自分も年をとってきたせいなのであろうが……『山の音』のよさを感じることができるようになった。しかし、『千羽鶴』の世界になると、自分の文学的感性を極限にまではりつめて読まないと、感じ取ることができない。だが、その世界の一端なりとも、感じ取れるかなという気はしている。たとえていえば、川端康成の「美」の世界からの木漏れ日の影を、かすかに感じ取る、とでもいえばいいだろうか。

だが、それは、「背徳の美」でもある。

年をとって、ようやく川端康成の「美」の世界を感じ取れるようになってきた、あるいは、逆に、年をとったにもかかわらず、まだそれを感じ取ることができる。川端康成の作品に「美」を感じ取れるうちに、本を読んでおきたいと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/02/26/8376683/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。