『豊饒の海』第三巻『暁の寺』三島由紀夫(その二)2017-03-31

2017-03-31 當山日出夫

つづきである。
やまもも書斎記 2017年3月30日
『豊饒の海』第三巻『暁の寺』三島由紀夫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/30/8425704

『豊饒の海』をまとめて再読して、『暁の寺』の第一部のところで、私のこの作品についての記憶がとぎれてしまっている。前半の最期のあたり、戦後の焼け野原となったところで、老女と再会するシーンは憶えていた。だが、それから、最後の『天人五衰』のラストのところまで、記憶がとんでいる。途中のことを忘れてしまっていた。

いや、憶えてはいるのである。読みながら、ああこのシーンは、以前、読んだことのある場面だな、というところがいくつかあった。富士山の見える別荘でのいくつかの印象的な場面である。しかし、これが、『豊饒の海』のなかの一部であるとは、認識して記憶していなかった。なぜだろう。

この作品、『豊饒の海』であるが、始めの『春の雪』から読んでいって、次の『奔馬』までは、時代の順につながっていることが理解できる。そして、『暁の寺』の第一部までは、さらに『奔馬』の時代……昭和初期……から、いくらか年月を経た後、太平洋戦争の直前、日中戦争の時代として、その時代の、日本の南洋進出を時代背景として、読むことができる。

そのまま小説を語っていこうとするならば、当然ながら、太平洋戦争を描くことになる。しかし、『豊饒の海』では、太平洋戦争を描いていない。まったくゼロというわけではないのだが、戦前のタイ、それから、インドの描写の次に出てくるのは、すでに敗戦をむかえて焦土となった戦後の日本である。

なぜ、三島由紀夫は、戦争を『豊饒の海』で描かなかったのだろうか。

たぶん、三島の歴史観というべきものに、この先の議論はすすんでいくことにちがいない。

ともあれ、『暁の寺』を読むと、前半と後半で、まったく別の小説を読んでいるかのごとき印象をうける。これは、はっきりいって、文学作品として破綻している、といってよいだろう。この小説を書いている三島に、このとき何があったのだろうか。

『暁の寺』の第二部の終わり方も、また、納得できるものではない。「輪廻転生」をモチーフとする四部作の終わり方としては、いかにも、とってつけたような感じがしてならない。ここにいたると、それまでの「輪廻転生」の物語から逸脱して、本多を主人公とする話しになっていくかのごとくである。少なくとも、『春の雪』『奔馬』のように、本多は、「輪廻転生」の目撃者という立場をふみこえて、物語のなかに踏み込んで描かれるようになる。

「輪廻転生」の物語を三島は描こうとしたのだろう。そして、おそらくは、それに挫折していると、私は読む。そして、その契機となっているのは、『暁の寺』のインドのベナレスのシーンである。ここで描かれたインドでの輪廻転生の感覚からすれば、『春の雪』の髑髏と清水の例え話などは、あっけなく消し飛んでしまうかのごとくである。死体を火葬にして、その遺灰が流される河のなかに身をひたして清める……このような場所に、髑髏の清水の例え話など、なんの意味ももたない。それほどまでに、インドのシーンは強烈である。

三島は、インドでの「輪廻転生」以上のものを、もはや日本を舞台にしては描き出しえなかった、このように私は思うのである。三島は、自分で文章として書いたインドのベナレスでの「輪廻転生」を、その文学的想像力で超えることができなかったのである。

だから、この『豊饒の海』の最後の『天人五衰』のようなことになるのだと考える。

追記 2017-04-01
このつづきは、
やまもも書斎記 2017年4月1日
『豊饒の海』第三巻『暁の寺』三島由紀夫(その三)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/04/01/8436963

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/31/8436052/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。