『おんな城主直虎』あれこれ「城主はつらいよ」2017-04-04

2017-04-04 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年4月2日、第13回「城主はつらいよ」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story13/

この前の回は、
やまもも書斎記 2017年3月28日
『おんな城主直虎』あれこれ「おんな城主直虎」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/03/28/8423978

もうネコがでなくなってしまった。

その代わりに登場してきたのが、方久。たぶん、これは、架空の存在なのだろうと思って見ていたのだが……このような人物を登場させるあたりが、今回のこのドラマの新機軸といっていいのかもしれない。

戦国の世で井伊は生きていくことになる。そこでは、今川、徳川、織田といった戦国の大名にかこまれるなかで、井伊谷の領地を守る国衆としてのエトスを、どう描くかが問題になる。このとき、前作、『真田丸』のような武力と知謀、姦計で生き抜くということではなさそうである。

戦国の時代なれば、商品経済、貨幣経済の時代になっているはず。ただ、「百姓」が年貢(米)を納めていればいいというものではない。

ところで、最近の歴史学の分野での網野善彦の評価がどうなっているのか、門外漢なのでよく知らないのだが、すくなくとも、「百姓=農民」という図式への疑問、また、「年貢=米」とは限らないということ、このあたりのことは、一般常識となっていると考えていいだろう。

この意味で、今回登場してきた、方久という人物の存在は、きわめて興味深い。

そういえば、司馬遼太郎の『国盗り物語』の斎藤道三は、油売りの商人から、大名になったのであった……このようなことを思い出してみる。

ともあれ、武断と知略で生き抜く戦国武将というのではない、「銭」でその経済的基盤をささえていかなければならない生活の有様、このような視点から戦国時代を描いたドラマとして、この作品は面白いものになっていると思う。

しかし、本当にもうネコは出てこないのだろうか。

追記 2017-04-11
このつづきは、
やまもも書斎記 2017年4月11日
『おんな城主直虎』あれこれ「徳政令の行方」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/04/11/8457643

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/04/04/8443437/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。