『おんな城主直虎』あれこれ「おんな城主対おんな大名」2017-04-18

2017-04-18 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年4月15日、第15回「おんな城主対おんな大名」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story15/

前回は、
やまもも書斎記 2017年4月11日
『おんな城主直虎』あれこれ「徳政令の行方」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/04/11/8457643

今回は、ヘビが出てきた。前回は、カメだった。

この回の見どころの一つが、冒頭の和尚との話の中ででてきた、……おなごだからといってバカにすることもなければ、また、手加減することもないであろう……の台詞かと思う。女性を主人公にした大河ドラマがかつて無かったわけではない。いくつか作られている。最近では、『花燃ゆ』『八重の桜』がある。面白かったかどうか、それは、女性を主人公にすることを、どのような視点で描くか、ということなると思う。この意味で、今回の『おんな城主直虎』は、女性だかといって軽く描くこともないし、特段、そのことを意識させる作りにもなっていない。いまのところは、たくみに描いていると感じる。

戦国時代でありながら、このドラマには合戦のシーンが出てくることがない。そのなかで、今回は、戦闘シーンがあった。これを見て、私の思ったこと……突然、木が倒れてきて、それから、斧がとんでくる……これは、まるで、『ワタリ』(白土三平)の世界である。この脚本を書いたか、あるいは、演出した人は、きっと『ワタリ』を読んでいたにちがいない、と感じた。

この回の最大の見せ場は、直虎と寿桂尼の対決シーンだろう。とにかく、浅丘ルリ子の貫禄がすごい。柴咲コウが、かすんでしまうかのようであった。

ともあれ、寿桂尼の判断……井伊の土地を領主として治めることができる、その実力と実績のあるもの(直虎)に任せることにしよう。この判断が、これからのこのドラマの軸になるものだろうと推測する。

井伊谷において、井伊の一族をどうまとめるか、と同時に、その土地の領民をどのように治めるか、そこに戦国時代の国衆としてのエトスがある、このように読みとることができようか。

次回は、綿の栽培がでてくるようだ。中世、戦国時代にあって、百姓=農民=米作、という図式をこえた、中世の社会経済の姿を、どのように描き出すか、興味深いところである。

ただ、今回までで不満な点をのべれば、龍潭寺という寺院の性格が、今ひとつ明かでない。おとわ(次郎)はここで出家をした。ただの井伊家の菩提寺ということでもないようだ。土地を寄進しており、そこは守護の権力もおよばないということらしい。また、直虎が駿府に赴くときには、そこの僧侶が、護衛として付き従っていた。このあたり、戦国時代、中世における、寺院の位置づけというものが、今ひとつ、明確なイメージとして伝わってこない。

方久という商人、それから、龍潭寺という寺院、これまでの戦国時代大河ドラマとは違った、中世社会のありさまを、どう描き出すか楽しみに見ることにしよう。

なお、今回は、もうネコは出てこなかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/04/18/8491452/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。