『トニオ・クレエゲル』トオマス・マン(岩波文庫)2017-04-19

2017-04-19 當山日出夫

トオマス・マン.実吉捷郎訳.『トニオ・クレエゲル』(岩波文庫).岩波書店).1952(2003.改版)
https://www.iwanami.co.jp/book/b247754.html

『魔の山』を読んだら、『楡家の人びと』が読みたくなって、その次には、『トニオ・クレエゲル』を、再び読んでみたくなった。探せば昔の岩波文庫版がどこかにあるかもしれないと思うのだが、これは新しく買って読むことにした。昔風の言い方をすれば、岩波文庫で★ひとつの本である。新しい本は、改版されてきれいな印刷になっている。読みやすい。

この作品のタイトルは、「トニオ・クレーゲル」ではなくて、「トニオ・クレエゲル」である。この訳者(実吉捷郎)の外国語の片仮名表記の方式として、長音「ー」は使わない主義のようだ。この翻訳のなかでも、たとえば「カフェエ」「スェエデン」などとある。

さて、『トニオ・クレエゲル』であるが、私が若いころ(学生のころ)に読んだ、岩波文庫★ひとつの本のなかでは、一番よく読み返しただろうか。その他には、『フォイエルバッハ論』などがあろうか。

とにかく、この作品の中に描かれた、「芸術」「文学」という世界に、心酔していたものである。そのような時期が、人生の若いころにあってもよいとおもう……今になって読み返してみて、強く感じる。あえてこうもいってみようか……若い時に、『トニオ・クレエゲル』に心酔したような経験のない人と、ともに芸術とか文学とかを語ろうとは思わない。

まあ、別にとりたてて『トニオ・クレエゲル』という作品をどうのこうのということではなく、そのような心性のあり方についてである。もう今では、文学作品に接して、芸術的感動をおぼえるなどは、すたれてしまったことなのかもしれない。文学青年などは、死語といってもよいであろう。

そして、30年、40年ぶりに、昔読んだ本を読み返してみて、もう、昔の若かったころのように、芸術の世界に心酔するということはない。しかし、その魅力、あるいは、芸術というものにこころひかれるというという心のあり方、それには、まだ私のこころはかたむくところがある。このように感じるというのも、年をとってしまったということなのであろうし、また、同時に、年をとっても、いや年をとったからこそ、若いころにもどって、同じとはいかないまでも、昔のような文学にこころひかれる日々をすごしたいと思う。

次に読もうとおもって買ってあるのは、『ブッデンブローク家の人びと』(岩波文庫)。これも若い時に手にした本。たしか、途中で挫折してしまったと憶えているのだが、これは、今回はきちんと読むことができるだろう。そのような読書の時間をつかいたいものである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/04/19/8492205/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。