『おんな城主直虎』あれこれ「消された種子島」2017-05-02

2017-05-02 當山日出夫

『おんな城主直虎』2017年4月30日、第17回「消された種子島」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story17/

前回は、
やまもも書斎記 2017年4月25日
『おんな城主直虎』あれこれ「綿毛の案」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/04/25/8498866

私の視点で見て、今回の見どころは、次の二点。

第一点は、種子島(=鉄砲)が登場してきたシーン。これを、武士ではない、百姓(足軽、雑兵というべきか)の武器として認識していたこと。武術のたしなみ(馬、弓、槍、刀などだろうか)のないものにも使える武器という見方である。

私は、特段、戦国時代とか、合戦史に詳しいというのではないのだが、このドラマのこの視点は、斬新な気がした。鉄砲の伝来には、現在では諸説あるらしい。また、鉄砲というものが、それまでの合戦の有様を変えたということもいえそうである。

では、その鉄砲と武士、武家とは、どのような関係にあったのだろうか。侍の武器として認識されていたのであろうか。

この観点では、前作『真田丸』の最後の信繁(幸村)と家康の対決シーン。ここで、信繁がとりだしていたのは、鉄砲であった。はたして、鉄砲というのは、武士の本来の面目とどうかかわるのであろうか。

このドラマ、戦国の合戦シーンは出てこないようであるが、それに変わって、戦国時代、中世における、武士、領主とはいかなる存在であったか、いろいろ興味深い視点を提示している。

第二点は、五目並べのシーン。幼い虎松は、五目並べに勝てない。

五目並べといえば、私が主出すのは、『涙香迷宮』である。今年の、「このミス」第一位になったミステリ。

やまもも書斎記 2017年1月3日
『涙香迷宮』竹本健治
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/01/03/8301083

この作品のなかでさんざん書かれていたこと、それは、五目並べ(連珠)においては、先手の方が圧倒的に有利である、ということ。この目で見てみると、ドラマでは、虎松は、後手で打っていた。これなら、負けてもしかたない。

で、直虎は、虎松に勝つ秘策をさずけるようなのだが、どうも、先手をとれとは言っていなかったようである。相変わらず後手になっていた。直虎はいったい何を言ったのだろうか。勝てるまであきらめるな、とでも言ったのかもしれない。

以上の二点が、今回の「消された種子島」を見て思ったことである。

なお、今回も出てきた、旅の男(柳楽優弥)の存在が気になる。一箇所に定住しない人物。このような漂白の人物が、中世には(あるいは、近世になってからも)いたのであろう。この人物が、これからの展開にどうかかわってくるか、気になるところである。

追記 2017-05-09
このつづきは、
やまもも書斎記 2017年5月9日
『おんな城主直虎』あれこれ「あるいは裏切りという名の鶴」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/05/09/8550386

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/05/02/8510238/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。