『憲法サバイバル』上野千鶴子・佐高信2017-06-09

2017-06-09 當山日出夫(とうやまひでお)

ちくま新書編集部(編).『憲法サバイバル-「憲法・戦争・天皇」をめぐる四つの対談-』(ちくま新書).筑摩書房.2017
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480069535/

この本の二つ目の対談は、上野千鶴子と佐高信である。じつにきっぱりとした対談といえる。

憲法、あるいは、改憲をめぐっては、いくつか論点があるが、その中で、緊急事態条項について、言及してあるあたりが、まともな憲法論か。(まあ、それ以外は、左翼的な放談だと思って読めばいいと思う。)

ただ、軍隊は何のためにあるのかについて、次のようにあるところは、見逃すべきではなかろう。来栖弘臣という人(統合幕僚会議議長をつとめた)が書いた『日本国防軍を創設せよ』という本にふれて、

(佐高)「その中に「自衛隊は国民の生命・財産を守るためにあると誤解している人が多い」と書いてある(笑)。」

(上野)「じゃあ、何を守るんですか?」

(佐高)「国の独立と平和を守る。彼らの中では、国民の生命・財産と国の独立・平和は違うんだよ。」

(佐高)「国とは、何とかに基づく伝統意識である。要するに天皇制でしょう。」

以上、p.83

左翼的な立場からの、かなり雑な議論である。そのところを大幅に割り引いて考える必要はあるが、ともかく、国家が何のために武力(軍隊)を持っているのか、ということに問いかけを発していることは確かである。

この対談は、私には、左翼的な与太話としか読めないのであるが、国家が軍事力を持つとするならば、それは何のためにあるのか、また、どのようにコントロールされるべきか、という問題意識を提起しているところは、評価して読むことができようか。

それから、現時点での改憲論議にふれては、最後にある次のような指摘は見ておくべきだろう。

(上野)「(伊勢崎賢治の言っていることとして)今さら「九条を守れ」なんて言うな。世界ではもうとっくに、日本は戦争をする国と思われてしまっている。そこで「九条を守れ」なんて言ったら、世界中にわざわざ「日本は嘘つきの国だ」と言って回るようなものじゃないか。」(p.90)

この指摘には同意できる。だが、そうは言っても、憲法の文言として九条があることが、ある種の歯止めになっていることも、また事実ではあろう。嘘をつくことになるかもしれないが、それでも歯止めとしの九条の役割はあると見るべきだろうか。それとも、実際に軍事力をもっている以上は、それを憲法に位置づけるべきなのであろうか。現在の改憲論議の焦点になっているところである。

ここで出てきた伊勢崎賢治は、次の対談に登場する。