新しいカメラを買った2017-06-15

2017-06-15 當山日出夫(とうやまひでお)

新しいカメラを買った。

NikonのD7500である。

今までつかってきているのは、OLYMPUSのE-3。これももう古い機種になってしまった。カメラの進歩からいえば、二世代、三世代ぐらい前の機種になる。いや、もっと前になるかもしれない。

とはいえ、まだまだ十分につかえはする。ただ、バッテリーを充電するために取り替えると、そのたびに、カメラの内蔵の時計がリセットされてしまうようになってしまった。デジタル写真になってから、EXIF情報に、撮影日時が記録されることは、必須になってきている。これは、後から、写真を整理するときにも便利である。それが、具合が悪くなってきた。

それに、OLYMPUSは、フォーサーズのシステムを止めてしまった。もうこれの後継機は、出ない。E-5は買わずにある。その後の新機種が出るということはない。

デジタルカメラの進歩は早い。三年もたてば、かなり新しいのが出る。もうここいらで、乗り換えておくかという気になった。

Nikonにしたのは、昔、フィルムカメラの時代に使っていたのが、Nikonであったので、なじみがあるということからである。といって、昔のフィルムカメラのときに機材(レンズなど)が、使えるというわけではない。DXフォーマットのデジタル専用機になる。これは、割り切って考えるしかない。

先日、出たばかりの時点で注文して、とどいた。手にした感触としては、軽いなあ、ということ。OLYMPUSよりも、軽量につくってある。といっても、デジタル一眼レフとしては、それなりの重さがあり、かさばる。

レンズは、レンズキットになる18-120ではなく、16-80をつけることにした。これから先、広角レンズを買い足すことは無いだろうと思っているので、ワイド側があった方がいい。それに、明るいのがいい。

花の写真など撮ることが多い。身の周りの季節の移り変わり、ふと目にとまった花の風情など、写し取ることができたらと思っている。

ここしばらくは、古いOLYMPUSと、新しいNikonと、両方つかいながら、徐々に、Nikonの機材を増やしていきたいと思っている。接写用のマイクロレンズなどが、さしあたって欲しいところである。

まあ、はっきりいってしまえば、老眼になってきたので、小型のミラーレス機などは、使いづらい。背面モニターを見ながら写すことができない。近眼で、老眼である。視度調節機能つきの光学ファインダー、それから、オートフォーカス機能をつかっての、フォーカスエイド撮影、ということになる。

機材をかついで遠出することもない。せいぜい家の近隣を散歩するときに、もちあるく程度である。今のところ、そう負担に感じる重さ、大きさ、ということではない。

それにしても、デジタルカメラの時代になって、とにかくマニュアルを読まないと使えないようになるのは困る。マニュアルを読むために、いちいち眼鏡をはずさないと字が読めない。しかも、いろんな機能がついている。とりあえずは、マニュアル撮影(ピント、露出)をどうするか、というあたりを理解するようにして、読んでいる。

RAWでも画像データが残せるので、自分で現像処理してもいいのだが、それに凝り出すときりがないので、どうしようかと考えているところでもある。

今は、新しいカメラの機能をためしながら、身の周りの花や樹木の写真など、撮っていきたいと思っている。