『おんな城主直虎』あれこれ「材木を抱いて飛べ」2017-06-27

2017-06-27 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年6月25日、第25回「材木を抱いて飛べ」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story25/

前回のは、
やまもも書斎記 2017年5月20日
『おんな城主直虎』あれこれ「さよならだけが人生か?」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/06/20/8600856

龍雲丸が活躍する回は、どうやら面白い展開になりそうな感じである。

この回の放送を見て、ちょっと気になったことばがある。「気賀の町衆」といっていた。なにげない台詞のなかのことばであるが、気になった。

それから、龍雲党の面々。

どうやら、このドラマは、中世、戦国時代における、非農耕民、また、非定住民というものを、かなり積極的に描こうとしているようである。これは、前作『真田丸』とは、きわめて対照的である。『真田丸』には、町衆や百姓、農民、あるいは、武士階層ではない人びと、これらの人びとは、ほとんど登場してこなかった。それが、この『おんな城主直虎』では、方久をはじめとして、武士ではない人間が、重要な役割をになっている。龍雲丸もそのひとり。

ところで、この回を見ていて、興味深かったのは、「忠義」である。井伊直虎は、今川に忠義をしめす。これは、今川の支配下にあるから、どうしてもそうせざるをえないという選択肢である。今川からのお下知には、逆らえない。

だが、現在の我々は知っている。井伊は、今後も今川のもとにありつづけるのではないことを。結局は、徳川につくということを。そのプロセスを、これから、このドラマは、どのように描くことになるのであろうか。

徳川への忠義、忠誠心というものが、どのようにこれから描かれることになるのか、このあたりが、非常に気になるところである。

忠誠心といえば、また、前作『真田丸』が思い浮かぶ。このドラマは、主人公・信繁の、豊臣への忠誠心を軸に展開していたように私は見ていた。

だが、井伊直虎は、どうであろうか。直虎にあるのは、何よりも、井伊のイエをまもるということであるように見える。そのための手段として、今の現状では、やむをえず今川の支配を受け入れているということのようだ。これは、今川をとりまく状況が変われば、どう変わってもおかしくない。とにかく、井伊のイエを守ることを、最重要にして行動している。

で、ネコであるが……今回は、出てこなかったようである。和尚には、ネコがよく似合うと思って見ているのだが。次回は、どうなるであろうか。

追記 2017-07-04
この続きは、
やまもも書斎記 2017年7月4日
『おんな城主直虎』あれこれ「誰がために城はある」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/07/04/8611928