『おんな城主直虎』あれこれ「潰されざる者」2017-08-01

2017-08-01 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年7月30日、第30回「潰されざる者」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story30/

前回は、
やまもも書斎記 2017年7月25日
『おんな城主直虎』あれこれ「女たちの挽歌」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/07/25/8627025

ひさしぶりにネコが登場していた。あのネコは、直虎の家で飼っているネコなのであろうか。

今回もまた、直虎がいったい何のために生きて行動しているのか、そのエトスというものが、描かれていたように思う。それは……繰り返しになるが……井伊のイエを守るためである。今川への忠誠心は、無い。

たしかに今川の支配下にある。だが、その今川を、直虎は裏切ろうとしている。徳川につく算段である。しかし、では、徳川への忠誠心があるのかというと、そうでもない。戦国乱世の世の中、井伊のイエのいきのこりをかけて、どこと結ぶのがもっとも妥当であるかという、戦略的な生き残り策である。

興味深いのは、方久の生き方。自らを銭の犬と言っている。ビジネス至上主義といってもよい。では、その方久は、今川につくのか、それとも、井伊とともにあるのか、いまのところはっきりしないようである。だが、すくなくとも、井伊のイエの一族であるという忠誠心は、どうやら無いと思える。

銭の犬、方久が、これからどう動くか。この方久が、直虎が井伊のイエを守っていくなかで、重要な役割をはたすことになるのだろうと思う。

その一方で、政次の行動の原理は何だろう。今川への忠誠心でもないようであるし、また、井伊への忠誠心でもない。直虎(おとわ)に対する、愛慕の念かとも思えるが、はて、次回以降、どのようになるであろうか。

歴史の結果として、井伊は、徳川の配下になることを、現代の我々は知っている。それにいたる過程を、どのようにこれから描くことになるのであろうか。そのなかで、虎松(直政)は、いったいどのような生き方を選ぶことになるのか。このあたりが、このドラマの後半のみどころではないだろうかと思っている。

井伊をつぶそうと今川がたくらんでいるのは、そこが、三河(徳川)と戦になったときの要衝の地であるからである。直轄にしたいとねらっている。このような状況のなかで、井伊谷という土地へのパトリオティズムはどうなるのであろうか。

井伊のイエの生き残りこそが重用なのであって、井伊谷という領地へのパトリオティズムは、出てこないのだろうか。そういえば、最近では、井伊谷の領地の描写が無いように思える。このあたり、戦国時代の国衆の、領地についてのパトリオティズムとでもいうべきものを、このドラマは描く、あるいは、逆に描かないことになるのだろうか、このあたりも、注目して見ていきたいところである。

さて、次回もネコは登場するであろうか。

追記 2017-08-08
この続きは、
やまもも書斎記 2017年8月8日
『おんな城主直虎』あれこれ「虎松の首」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/08/08/8642285