ツユクサ2017-08-02

2017-08-02 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。今日は、ツユクサである。以前にくらべると少なくなったようだが、それでも我が家のまわりで目にすることができる。

日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見ると、初出例は、『宇津保物語』、それから、『枕草子』にもある。平安時代から、「つゆくさ」の語はあったことがわかる。

『枕草子』の用例は、

「見るにことなることなきものの文字に書きてことごとしきもの、いちご。つゆくさ。水ふぶき」

とある。実際に見てみるとどうということはないが、文字で書くとたいそうなものに感じるということらしい。しかし、現代の我々の感性からすれば、ツユクサは、「つゆくさ」「露草」の語形がいちばんしっくりくる。栽培して愛でるというものではないかもしれないが、道ばたに咲いていると、ふと目がとまる花である。

季語としては、秋とのことだが、私の感覚としては、夏を代表する草花の一つである。

ツユクサ

ツユクサ


ツユクサ

Nikon  D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4 E ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8 G

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/08/02/8638131/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。