マキ2017-08-09

2017-08-09 當山日出夫(とうやまひでお)

ブログに花の写真を掲載するようになって、庭にある木をいろいろと観察するようになった。これまで気付かなかったことに気付く。その一つが、マキである。

庭木としていくつかある。それが実や花をつけることを、このたびはじめて知った。毎年、夏になると植木屋さんに剪定してもらう。その後、どうなるか見ていたら、実であろうか、白い丸いものが目についた。すべての木にあるというわけではない。実をつけない木もある。

それから、さらに観察してみると、花のようなものをつけている木があることに気付いた。たぶん、花なのだろうと思う。手元にある、簡便な図鑑で確認してみると、どうやらマキ(イヌマキ)の木の花のようである。

ところで、マキという木、庭木として植えてあるのは、イヌマキだと思うのだが、「まき」で日本国語大辞典(ジャパンナッジ)を検索してみると、「まき」の、いぬまき、こうやまき、の用例はかなり古くからあるようだ。

載っている最古例は、日本書紀になる。その次が、鎌倉時代になって、名語記である。はたして、現在の普通の庭でみる植木のマキと同じ植物なのかどうかは、詳しく検証の必要があるだろう。だが、「まき」という名で呼ばれる樹木が、古くは上代からあったらしい。

我が家のマキの木が、これからどうなるか観察していくつもりでいる。

マキ


マキ

マキ

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4 E ED VR
AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8 G

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/08/09/8642926/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。