「大川の水」芥川竜之介2017-08-12

2017-08-12 當山日出夫(とうやまひでお)

岩波文庫の『芥川竜之介随筆集』を読んでいる。

石割透(編).『芥川竜之介随筆集』(岩波文庫).岩波書店.2014
https://www.iwanami.co.jp/book/b249284.html

この本の冒頭におかれている文章が「大川の水」である。

ここで、芥川は隅田川に思いをよせている。この文章は、つぎのようにおわっている。

「もし自分に「東京」のにおいを問う人があるならば、自分は大川の水のにおいと答えるのに何の躊躇もしないであろう。独においのみではない。大川の水の色、大川の水のひびきは、我愛する「東京」の色であり、声でなければならない。自分は大川あるが故に、「東京」を愛し、「東京」あるが故に、生活を愛するのである。」(p.18)

1912年の文章である。

私は、東京に10年以上住んでいた。大学にはいってから、しばらく間である。その生活のなかで、あまり、東京と川ということを意識したことがない。住んでいたのは、目黒区で、下宿の近くには目黒川がながれていた。毎日、学校に通うごとに、目黒川をわたっていたと、今になれば思い出す。しかし、そう強く「川」が印象に残っていることはない。(今では、東京の桜の名所として、有名になっているようだが。)

東京に住んでいる間に、隅田川を目にしたのは、何度あるだろうか。あったとしても、それと意識して見たという記憶がない。

最近、東京と「川」「水」ということを意識するようになったのは、川本三郎の本を読んでからである。

やまもも書斎記 2016年11月5日
川本三郎『大正幻影』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/11/05/8242327

この本のなかで著者(川本三郎)は、大正期の文学者たちが、隅田川によせた思いについて述べている。これを読んでから、東京という街は、川の街、水の街であることを、認識するようになった。

だが、やはり私は、「山」の人間なのだろうと思う。

やまもも書斎記 2016年11月19日
山の風景と水の風景
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/11/19/8253955

大正時代、東京の文学者たちは、隅田川の川面に何を感じていたのだろうか。東京と川、近代文学と川、水、というようなことに、思いをはせている次第である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/08/12/8644896/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。