『鳩の撃退法』佐藤正午2017-09-04

2017-09-04 當山日出夫(とうやまひでお)

佐藤正午.『鳩の撃退法』(上下).小学館.2014
https://www.shogakukan.co.jp/books/09386388
https://www.shogakukan.co.jp/books/09386389

佐藤正午は、今回(第157回)の直木賞である。その受賞作の前に書いた小説である。受賞作『月の満ち欠け』については、また別に書くことにして、今日はこちらの小説について、いささか。

本の帯を見ると「第6回山田風太郎賞」とある。なるほど、山田風太郎の名を冠する賞に値するか……その期待は裏切られない。まさに、「語り」、メタレベルのフィクションでなりたっている小説である。

読み始めは、実に素直である。ごく普通の小説のようにはじまる。だが、それが、途中でいきなり視点が転換する。はて、この「小説」の主人公は誰なのか、あるいは、書き手は誰なのか……謎につきおとされる。そして、小説を読み進めていくにしたがって、その謎はより混迷をふかめる。今まで自分が読んできたのは、ほんとうのことなのだろうか、それともフィクションなのだろうか、(まあ、「小説」なのだから全体としてフィクションであるにはちがいないのだが)、そして今自分が読んでいるのは、「語り」のどのレベルのことなのか、このような混乱したなかにおいこまれる。だが、混乱するというよりは、この作者の「語り」のうまさにのせられて、いつどのように終わってもおかしくない「小説」の最後までつきあうことになる。

おそらくは、現代の小説におけるフィクションとは何か、というようなことを考えるとするならば、最重要な作品になるにちがいない。ただ、この作品の真似は、もうできないだろうな、と感じさせるところもある。それだけ、発想がずば抜けている。

このような作品を書いた作者が、直木賞をとるのは、なるほどとうなづける。直木賞のニュースを知ってから買って読んでみた。これは買って読んで損はない小説である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/04/8669619/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。