『モーパッサン短篇選』(岩波文庫)(その二)2017-09-15

2017-09-15 當山日出夫(とうやまひでお)

つづきである。
やまもも書斎記 2017年9月14日
『モーパッサン短篇選』(岩波文庫)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/14/8676530

岩波文庫版の解説(高山鉄男)を読んで、これは重要かなと思った点についていささか。

第一は、モーパッサンの短篇小説は、日刊新聞に発表されたものであるとのこと。これは、メディアと文学の関係を見るうえで重要だろう。

引用しておくと、

「モーパッサンの短篇は、おおむね日刊新聞に発表された。(中略)モーパッサンは、これらの新聞にほとんど毎週のように短編小説や、いわゆる時評(クロニック)を発表した。当時の新聞は、現在と異なり、第一面に有名な文学者の短篇や時評を載せたもので、どの新聞も、魅力的な短文の書ける文学者を何人もかかえていた。モーパッサンもそういう有能なジャーナリストの一人だったのである。」(pp.281-282)

今の我々は、編集された書物(短編小説集)として読んでいるが、もとは日刊の新聞に掲載されたものであった。これは、重要なポイントだろう。だからこそ、個々の作品において、小説のうまさが必要とされる。

第二は、岩波文庫版を読みながら気付いた点だが、語り手がいることの指摘。

「モーパッサンの短篇のもう一つの特色は、しばしば語り手がいて、この語り手の存在や、物語がなされた場所が、小説の雰囲気づくりに役だっていることである。」(p.282)

そういわれてみると、絵の額縁のように、語り手が登場して語りはじめる、というスタイルの作品が多い。そして、その語り手の存在が効果的に用いられている。

以上の二点が、モーパッサンの短篇について、岩波文庫版の解説で、留意しておくべき点かと思ったところである。

モーパッサンの短篇集は、翻訳では、岩波文庫版の他に、新潮文庫版(三冊)が出ている。これも、読もうかと思っている。いや、読んでおきたい。が、とりあえず、今は、ドストエフスキーの長編小説を、まとめて読み直しているところ。『罪と罰』は読んだ。今は『白痴』を読んでいる。後期の授業が始まるまでに、『悪霊』とか『カラマーゾフの兄弟』とか、再読しておきたい。

自分の日常のなかで、文学を読む時間がようやく取れるようになったかな、と思うこのごろである。書いておきたい論文のテーマなどもあるのだが、いそぐことではないので、今のところは、じっくりと本を読む時間をすごしたい。

文学を読む時間を持てる生活というのは、現代においては、ある意味で贅沢な環境かもしれない。強いて忙しくすることもない。時間のとれるかぎりは、ゆっくりと読書に時間をつかいたいものである。

読書の時間があってこその人文学だとも思う次第である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/15/8677096/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。