『おんな城主直虎』あれこれ「武田が来たりて火を放つ」2017-09-19

2017-09-19 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年9月18日、第37回「武田が来たりて火を放つ」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story37/

前回は、
やまもも書斎記 2017年9月12日
『おんな城主直虎』あれこれ「井伊最後の日」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/12/8675259

今の我々は、この歴史の結果を知っている。井伊のイエは、徳川のもとにつくことになる。だが、そこにいたる経緯は、そう単純ではないようだ。

気になったのは、直虎(おとわ)の身分。武家として、井伊の領主であったものが、一般の領民とすぐに同じになれるものだろうか。領民と同じということは、井伊谷において、そこの支配者(このドラマの時点では、近藤ということになるが)の、支配下に入ることになるのだろうか。

いや、そうではなく、龍雲丸と一緒に自由に生活しているように見える。年貢とかは、納める必要はないのであろうか。

そこで、やはり気にかかるのは、百姓=農耕民(この場合は、綿の生産などもふくむことになるが)、として描かれていることだろう。百姓たちの、領主への抵抗の手段として、逃散ということがあった。

だが、ここは、浜名湖の近くなのであるから、漁業とか、商業でくらすタイプの「百姓」がもっと登場してきていてもいいのではないかと思う。せっかく、百姓=農民というステレオタイプから脱した新鮮な、中世、戦国の人びとを描くことができたのにと思う。

興味深かったのは、高瀬の存在。いったい何者なのであろうか。直親の忘れ形見というのは、本当のことなのだろうか。

それから、龍譚寺という存在は、いったい何なのであろうか。ただの寺ではない。井伊の一族の菩提寺ということであるが、それにとどまらず、武家としての井伊をささえる一翼を担っているような感じがある。中世、戦国における、寺社の位置づけという意味で、この寺の存在は、何かしら不気味ですらある。

今回は、虎松が登場してきていなかった。また、ネコも。

次週、直虎(おとわ)は、堺に行くことになるのだろうか。行けば行ったで、これは、面白い展開になるにちがいない。直虎(おとわ)の生き方と、井伊の家のゆくえ、これがこれからの見どころになるのであろう。

追記 2017-09-26
この続きは、
やまもも書斎記 2017年9月26日
『おんな城主直虎』あれこれ「井伊を共に去りぬ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/26/8684051

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/19/8679581/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。