『月と六ペンス』サマセット・モーム2017-09-22

2017-09-22 當山日出夫(とうやまひでお)

サマセット・モーム.金原瑞人(訳).『月と六ペンス』(新潮文庫).新潮社.2014
http://www.shinchosha.co.jp/book/213027/

世界文学の古典、名作の読み直し。読んでみたのは、『月と六ペンス』である。

読んだのは新潮文庫の新しい訳本である。調べてみると、他にも、岩波文庫や、光文社古典新訳文庫などで、新しい訳がでている。

読後感はというと……とにかく面白い。いっきに読んでしまった。長編といっていい長さの小説であるが、いっきに読ませる面白さがある。

この小説、モデルとして、ゴーギャンが設定されていることは、周知のことだと思う。ゴーギャンの作品は、かなり若い頃……高校生のころだったか……京都の、市立美術館だったか、国立近代美術館だったかで、展覧会があったのを見に行ったのを憶えている。南洋の風景や人物画が、印象深かった。

とはいえ、この小説『月と六ペンス』は、特にゴーギャンを意識しなくても、あるいは、ゴーギャンについての知識がなくても、充分に楽しめる。

今日的な視点、価値観で言ってみるならば、人生の価値とは何か、という問いかけの小説である。いったい何のために人は生きているのか、生きるに価する人生とはどんなものなのか、読み終わったあとに考えさせられる。

小説は、いくつかのパートに分けられると思うが、なかでも、フランスでの部分が面白い。妻のある男との三角関係なのだが、情痴のもつれという感じの部分。それが、主人公(ストリックランド)に、なんとなく感情移入して読んでしまう。そして、結果として、妻を奪われたかたちになる男についても、なんとなく、その気持ちに共感してしまう。

主人公(ストリックランド)の行動は、非条理である。芸術至上主義というのとも、ちょっと違う。が、自分の人生を芸術にささげる生き方を選んだ人生ではある。この主人公の生き方に、なんとなく違和感をいだきつつも、最後のシーンになると、深い感銘を覚えることになる。

夏休みの一日をつかって、この小説を読んで、小説を読むたのしさ、文学のたのしさ、というものを満喫した気がする。

ただ、これも、私自身が人生のこの年になって、読んでみたから感じることでもあろう。主人公の生き方を、そのような人生の選択もあり得ることのひとつとして、距離をおいた立場から眺めることができる。これが若い頃であったならば、主人公の生き方に、強く共感するか、逆に、反発を感じるか、であった。このような小説の読み方ができるようになったというのも、自分自身で年をとったのだなと、感じるところでもある。

モームは、また短編小説の名手としても知られている。また、長編『人間の絆』もある。これからの読書の楽しみである。

追記 2017-09-23
この続きは、
やまもも書斎記 2017年9月23日
『月と六ペンス』サマセット・モーム(その二)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/23/8681898

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/09/22/8681337/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。