『おんな城主直虎』あれこれ「この玄関の片隅で」2017-10-17

2017-10-17 當山日出夫(とうやまひでお)

『おんな城主直虎』2017年10月15日、第41回「この玄関の片隅で」
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story41/

前回は、
やまもも書斎記 2017年10月10日
『おんな城主直虎』あれこれ「天正の草履番」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/10/8700059

この回は、前回に書いたこと……直虎と万千代のエトスの違いが、はっきりした回であった。

直虎(おとわ)の方は、井伊谷で農業に従事しながら、その一族の中心でありつづけている。その願うところ……エトス……は、井伊谷に暮らす人びとの安寧である。「井伊」というイエへのこだわりは、もはや無くなっている。

井伊谷は、ドラマの時点では、近藤の支配下にある。だが、その近藤の井伊谷の統治の一翼をになうものとして、直虎(おとわ)の存在があるようだ。

一方、万千代の方は、「井伊」のイエ、その家名の復興に懸命である。そして、それが、今、自分が仕えている主君、家康への忠誠心になって現れている。万千代にとって、家康に忠義をつくすことと、「井伊」のイエを再興することは、ストレートに自身のなかでむすびついている。たぶん、これが、将来、直政として、家康に仕えることにつながっていくことになるにちがいない。

ところで、やはり気になるのは、直虎の身分、というか、地位。井伊というイエの当主ではない。もはや「殿」ではない。といいながらも、実質的にその一族の中心である。そして、農業に従事しているとはいっても、その土地は、誰のものなのだろうか。年貢とかはどうなっているのか。ちょっと気になっている。

今回、方久も出てきていたが、この方久という人物がもっと活躍すると面白いとおもっている。武士でもない、農民でもない、強いて言えば商人ということになるのだろうか。このような非農業民が、中世、戦国の時代に担っていた役割は、決して小さくはなかったはずである。

次回は、長篠の戦いのようである。その合戦で用いられた木の柵の用材として、井伊の木材が用いられることになった、という展開は、これまでの話のはこびからして、非常に興味深い。これまで、井伊谷の木材をめぐっては、いろいろと事件があった。(本当のところは、どうであったかは知らないが。)

そして、登場していたネコは、二匹。祐椿尼のところにいた、白黒ネコ。それから、ネコ和尚が話をする背後にいた、茶色ネコ。次回も、これらのネコたちは登場するであろうか。
追記 2017-10-24

この続きは、
やまもも書斎記 2017年10月24日
『おんな城主直虎』あれこれ「長篠に立てる柵」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/24/8711592

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/17/8707112/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。