『わろてんか』あれこれ「一生笑わしたる」2017-10-21

2017-10-21 當山日出夫(とうやまひでお)

わろてんか
https://www.nhk.or.jp/warotenka/index.html

第3週「一生笑わしたる」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/03.html

前回は、
やまもも書斎記 2017年10月15日
『わろてんか』あれこれ「父の笑い」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/15/8705792

明日、明後日と、ちょっと家を留守にする。外に出てまで、ノートパソコンで仕事をしたいとは思わないので、今日、土曜日まで見たところでの思うところなどいささか。(普段なら日曜日にアップロードするのだが、土曜日のうちにアップロードして出かける。)

てんは藤吉と恋におちる。蔵にとじこめられたてんのもとに、藤吉はしのんで通ってくる。このあたり、ナレーションで言っていたように、ロミオとジュリエットであると思わせる。許されるぬ恋。いかにもという設定だが、これはこれで、ロマンスとして見ればいいのだろう。

だが、どうにも藤吉が頼りない。大阪の米問屋の長男だということだが、商売の方に関心はない。芸能の世界に関心がある。だからといって、その芸がものになっているかというとそうでもない。商家の旦那芸にもおよばない。どうやら芸人のとしての才能もないようだ。このだらしない、才能もない、藤吉とてんとのドラマがこれから始まる。

その藤吉が、ついにてんと一緒になって大阪に帰るところで今週は終わった。これから、てんは苦労することになるのだろうと思う。

ところで、この週も、伊能栞が登場していた。興味深いのは、そのことば。NHKの番組HPを見ると、大阪の伊能製薬の社長の息子、神戸で貿易商をいとなむ青年実業家とある。なるほど、明治の時代になって、ビジネスの世界で生きている。しかも、世界を視野にいれているということのようだ。

気になるので、番組HPをさらに見ると……次のようにある。

東京生まれの東京育ち。大阪の伊能製薬社長の息子だが正妻の子でないため、神戸で貿易会社を興して実家とは距離を置いている。

この伊能栞は、大阪方言で話してはいない。東京生まれの東京そだちということなら、大阪方言を話していなくでも不思議ではない。だが、京都の藤岡屋の婿にむかえるという話があったのに、正妻の子ではない、というのがちょっとひっかかるが。あるいは、強いて考えるならば、大阪方言をつかわない、東京方言で話すという設定のため、あえて、東京生まれの非嫡出子という設定にしたのだろうか。

ドラマにおける方言の問題については、前作『ひよっこ』においても、何回か書いたことがある。佐賀出身の慶應の学生、島谷は、佐賀方言を話していなかった。それと似たような状況として、伊能栞の立場もあるのだろう。

青年実業家として新しいビジネスの世界に生きる伊能栞に、大阪方言はにつかわしくない。大阪の商人、あきんど、ではなく、近代になって新しく世界で活躍する実業家として、登場している。ということは、この伊能栞は、これから、てんが藤吉を苦楽をともにするなかで、それによりそって援助する……近代の芸能ビジネスという観点から……ということになるのだろう。そして、たぶん、てんと伊能栞との関係に恋はないのだろう。

このドラマは、大阪の芸能ビジネスの世界を描くことになるはずであるが、その中で、伊能栞がどのようにからんでくるか、大きな楽しみである。古くからの大阪商人というのではない、新しい時代のビジネスマンとしての視点から、どのように芸能の世界を見ることになるのか、このところに注目していきたいと思っている。

伊能栞の新しいビジネスを象徴しているのが、そのことば……東京方言……なのである。

追記 2017-10-29
この続きは、
やまもも書斎記 2017年10月29日
『わろてんか』あれこれ「始末屋のごりょんさん」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/29/8716177

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/21/8709676/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。