訓点語学会に行ってきた2017-10-26

2017-10-26 當山日出夫(とうやまひでお)

10月22日は、第117回の訓点語学会。東京大学で開催。ちょうど台風がきていて、どうなるか心配ではあったのだが、宿も予約してあることだしと思って、行ってきた。

午前中に聞いておきたい発表……『白氏文集』の漢字音についての発表……があったので、前日から行く。『白氏文集』の漢字音、特に、神田本の声点については、私が、その索引(漢字索引、訓読文索引)をつくったことの延長として、調べて学会発表して、論文に書いたことである。私の初めての訓点語学会での発表である。

頑張って調べたという発表ではあるが、やはり、『白氏文集』をあつかう上では、その本文の系統が、旧鈔本系か、版本系か、ということは、おさえておいた方がいいだろうと思った。(このことについては、質疑の時に発言しておいた。)

それから、神田本白氏文集の声点は、均一にはつけられていない。かなり意図的に、文字を選んでつけてある。このことは、「訓点語と訓点資料」に論文として書いたことである。(このことも、質疑で言っておいた。)

午後から、韓国の口訣学会からの招待研究発表。これは、面白かった。韓国に残っている訓点資料、口訣資料について、どのような資料が残っていて、どのような方法で研究するのか、その実際の研究者の発表を聞くことができたのは、非常に勉強になった。しかも、発表が、日本語で話をしてくれて、レジュメも日本語で書いてあったので、わかりやすかった。

日本の訓点語学会と、韓国の口訣学会は、これを出発点として、これからも、相互に国際交流をつづけていくことになるらしい。これはこれとして、きわめて喜ばしいことである。日本から、これからの若い人が韓国に行って発表することになる。また、韓国の研究者の発表を日本にいて接することもできる。これは、この分野の研究にとって、重要な意味のあることだと思う。

折悪しく台風がきていたので、懇親会(山上会館)もちょっと早めに切り上げることになった。また、二次会も行くには行ったが、店が早くしめてしまうということなので、そう長くいることはできなかった。かるくハイボールなど飲みながら、ちょっと話をして宿に帰った。

水道橋に宿をとってあったので、雨が降っていたが、歩いて帰った。電車に乗ったりするより、その方が早い。

翌日は、台風の影響で新幹線が少し乱れていたが、とにかく、午前中に東京を出て、昼を京都ですませて、家にかえった。我が家は、台風の影響で木の葉が散ったりしてはいたが、そう被害がなくてよかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/10/26/8713375/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。