ニシキギ2017-11-15

2017-11-15 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日は、ニシキギ。

家の中庭で花のさいている木を目にした。とりあえず、写真には撮ってみた。名前がわからないので、WEBで質問してみた。ニシキギか、あるいは、コマユミらしい。小さい板状のものが枝から出ていれば、ニシキギとのこと。手元の図鑑などでも、確認してみるとそのように書いてある。

改めて再度見てみると、枝から小さい板状の突起がでているのが確認できる。ニシキギである。

例によって、ジャパンナレッジで日本国語大辞典を検索してみる。ニシキギの項目では、多識編(1631)から用例がある。近世になってから、この名称で残っているようである。

ただ、「にしきぎ」ということば自体は、古く、拾遺和歌集からある。ただ、樹木の名称としてではない。「にしきぎ(錦木)」という語は、なんとなく雅びである。語としては、かなり古くから使われてきたようである。

ニシキギ

ニシキギ

ニシキギ

ニシキギ

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/15/8727789/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。