『わろてんか』あれこれ「女のかんにん袋」2017-12-03

2017-12-03 當山日出夫(とうやまひでお)

『わろてんか』第9週「女のかんにん袋」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/09.html

前回は、
やまもも書斎記 2017年11月27日
『わろてんか』あれこれ「笑売の道」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/11/27/8735329

どうもこのドラマは、展開が早い。実際の人物をモデルに、その後半生まで描くということなら、テンポが速くなるのはいたしかたないかもしれない。が、もうちょっとじっくりと、若い夫婦の寄席経営の苦労を描いてもいいように思えるが、どうだろうか。

今回は、かんにん袋。寄席の仕事で家庭をかえりみない藤吉に、ついにてんはかんにん袋を破裂させてしまう。まあ、土曜日の段階で、もとにもどって、円満な家庭をとりもどしたところで終わってはいたが。

ところで、この週になって、風太が新たな役割で登場してきている。寺ギンのところで、芸能の仕事をはじめるらしい。これで、藤吉、伊能栞、それから、風太と、てんをとりまく男性たちが、それぞれに、芸能ビジネスに加わることになった。これが、これからの展開にどう影響してくるかなのであるが、しかし、どうみても一番ビジネスの才覚のなさそうなのが藤吉である。が、それぞれの登場人物が、どのような立場で、芸能ビジネスにとりくんでいくのか、その違いが、これからの見どころかもしれない。

たぶんこのドラマは、これからの藤吉のビジネスの失敗を、なんとか才覚と工夫でのりきることになる、てんの内助の功を描くことになるのだろう。
追記 2017-12-10

この続きは、
やまもも書斎記 2017年12月10日
『わろてんか』あれこれ「笑いの神様」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/12/03/8739898/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。