もみじ2017-12-13

2017-12-13 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真の日。今日は、花ではなく紅葉である。

「紅葉」と書いて「もみじ」と読む。用法には基本的に二つある。

第一には、秋になって木々の葉っぱが色づくことの一般である。
第二には、カエデのことをさす。

これは知っていたことだが、例によって、日本国語大辞典(ジャパンナレッジ)を見てみる。すると、紅葉一般を指す用法は、古く万葉集からある。これは、納得できる。ところが、カエデのことを「もみじ」というようになったのは、ごく最近のようだ。

2として、「楓(かえで)、または楓の葉をいう。」の用例であがっているのは、

小学読本(1874)と、浮雲(1887〜89)である。明治7年と、明治20~22年、ということになる。近代になってからの用法であることがわかる。意外と、このカエデの意味で「もみじ」というのは、新しい使い方である。

写真にとってみたのは、我が家の近所のカエデ。カエデといっても、いろいろ種類がある。その詳しいことまでは不案内である。早いものは、10月下旬ごろに色づく。おそいものは、12月になっても、まだ葉が残っている。

カエデの種類まで、図鑑で調べるのはちょっと大変かなと思うが、来年は、もう少しこまめに観察して、いろいろと見ていって、写真に撮ってみようかと思っている。

モミジ

モミジ

モミジ

モミジ

Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/12/13/8747415/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。