『わろてんか』あれこれ「われても末に」2017-12-17

2017-12-17 當山日出夫(とうやまひでお)

『わろてんか』第11週「われても末に」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/11.html

前回は、
やまもも書斎記 2017年12月10日
『わろてんか』あれこれ「笑いの神様」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/12/10/8745679

この週も、見どころは、団吾、団真、お夕、この三人のドラマであった。

本来のこのドラマの筋……てんと藤吉の物語……からすれば、傍流に位置することになるのだろうが、先の週からこの週にかけては、この傍流の物語が、実に好かった。

放蕩無頼に生きるように見えて、芸への精進を怠らない団吾、その生き方は刹那的でもある。生け花のシーンがよかった。そして、芸の才能があるのかないのかよくわからないが、しかし、どことなく人間味があり苦悩する団真。さらには、この二人の男性の間にあって、哀切きわまりない心情を見事に演じていたお夕。この三人のドラマは、好かったと思う。

それに比べると、てんと藤吉の夫婦は、まるでコントである。万丈目たちの芸人はコントでいいのだが、しかし、コントとして見ても面白くない。役者さんは、がんばっているとは思うのだが。

お夕(中村ゆり)のしっとりとした情感に満ちた姿とくらべると、てん(葵わかな)が、かわいそうな気がするほどである。確かに一生懸命にやっていることは伝わってくるのだが、ドラマの中で空回りしている印象がある。

ところで、お夕を演じた中村ゆり。来年の正月のドラマで出る。『平成細雪』で、四女の妙子の役である。中村ゆりは、これまでの朝ドラでは、『おひさま』とか『花子とアン』にも出てきていたかと覚えている。今回もそうだが、薄幸な運命にある若い女性を演じさせると、その雰囲気がなんともいえない。

平成細雪
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=12299

さて、『平成細雪』では、どんな妙子の姿を見せてくれるだろうか。今では、『わろてんか』の行く末よりも、来年のドラマの方が気になっている。
追記 2017-12-24

この続きは、
やまもも書斎記 2017年12月24日
『わろてんか』あれこれ「お笑い大阪 春の陣」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/12/24/8754088

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/12/17/8749677/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。