『わろてんか』あれこれ「最高のコンビ」2018-02-11

2018-02-11 當山日出夫(とうやまひでお)

『わろてんか』第19週「最高のコンビ」
https://www.nhk.or.jp/warotenka/story/19.html

前回は、
やまもも書斎記 2018年2月4日
『わろてんか』あれこれ「女興行師てん」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/02/04/8781948

この週の中心は、やはり、リリコと四郎。この二人の漫才コンビがどう成功するかのストーリーであった。

が、強いて批判的に見れば、先が読める展開でもあった。しゃべるのが下手な四郎、だが、アコーディオンはうまい、であるならば、あえてしゃべるのを少なくして、アコーディオンを使っての音曲漫才にすればいい。

いや、もともと漫才(万歳)という芸能は、音曲をともなうものではなかったか。それを、キースとアサリが、しゃべくりを中心としたものに変えていった。その同じ路線を、リリコと四郎が踏襲しようと思っても、うまくいくはずもない。ここは、四郎のアコーディオンの腕を生かす道をさぐるべきだった。

このあたり、予想したとおりの展開になって、ある意味で安心して見られる週であった。

だが、北村笑店の売れっ子漫才師になって、リリコは、また再び映画の世界に無事にもどることになるのだろうか。このあたり、伊能栞との駆け引きがまっているのかもしれない。

ところで、アメリカに芸能の勉強に行っていたはずの子ども、隼也。新しいアメリカ流の芸能ビジネスを提案することになるのかと思っていたが、そうはならなかった。売店の担当。まあ、これはこれで、成功したというべきであろうが。それでも、似顔絵饅頭にブロマイドぐらいのアイデアは、あまりに月並みだと思う。ここは、斬新なアメリカ流の芸能ビジネスの発想を見せてほしかった。

いや、その隼也の活躍は次週のことになるのかもしれない。たのしみにして見ることにしよう。

追記 2018-02-18
この続きは、
やまもも書斎記 2018年2月18日
『わろてんか』あれこれ「ボンのご乱心」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/02/18/8789842