『湿地』アーナルデュル・インドリダソン2018-02-19

2018-02-19 當山日出夫(とうやまひでお)

アーナルデュル・インドリダソン.柳沢由実子(訳).『湿地』(創元推理文庫).東京創元社.2015 (東京創元社.2012)
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488266035

調べてみると「このミス」では、2013年の海外第4位である。出た時に話題になった本であることは認識していたが、なんとなく読みそびれてしまっていた。時間ができたので読んでおくことにした。

北欧警察小説ということなのだが、読後感としては、あまり警察小説という雰囲気ではない。確かに、警察官が主人公ではあるのだが。それよりも、アイスランドという北欧の小さな国を舞台にした、かなり特殊な犯罪小説という感じである。

ダイイング・メッセージが残されているのだが、私の読んだ印象では、これを決定的手がかりとして、犯人の判明にいたるということではないようだ。犯人が分かってから、その動機の解釈として、意味をもってくる。

この作品、やはりアイスランドという、小さな国を舞台にしないと成立しない設定になっている。だが、この国の人びとのありかたは、ネットワーク社会になり、また、生命科学の進んだ現代社会の、近未来のあり方を示唆しているとも理解できる。

謎解き開明の探偵小説というよりも、やはり、北欧アイスランドという小さな国を舞台にしての、ある犯罪をめぐる小説として読むのがいいように思える。

さて、次は『緑衣の女』を読むことにする。

追記 2018-02-24
『緑衣の女』については、
やまもも書斎記 2018年2月24日
『緑衣の女』アーナルデュル・インドリダソン
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/02/24/8793366