楓の冬芽2018-02-21

2018-02-21 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。まだ椿の花は咲いていない。冬の間の木々の様子を写している。

今日は、我が家の玄関を出たところにある楓の木。細かな木の種類まではわからないのだが(調べられていないのだが)、楓の類であることはわかる。その冬芽を写してみた。

この木も、これから春になって、さらに新緑の頃になると、葉がしげってくる。暖かくかくなって若い芽が出るころにどんなふうになるか観察することとして、冬の間の様子を写しておくことにした。

家の横に植わっている木なので、毎日、目にしている。しかし、その季節の移り変わりの様子を、じっくりと観察するということがこれまでなかった。今年は、身の周りにある木々や草花の季節の変化を、写真に撮るということで、見ていきたいと思っている。

楓の冬芽

楓の冬芽

楓の冬芽

楓の冬芽

Nikon D7500
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR

追記 2018-02-28
この続きは、
やまもも書斎記 2018年2月28日
沈丁花のつぼみ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/02/28/8795532

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/02/21/8791601/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。