『西郷どん』あれこれ「不吉な嫁」2018-02-27

2018-02-27 當山日出夫(とうやまひでお)

『西郷どん』2018年2月25日、第8回「不吉な嫁」
https://www.nhk.or.jp/segodon/story/08/

前回は、
やまもも書斎記 2018年2月20日
『西郷どん』あれこれ「背中の母」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/02/20/8791072

う~ん、橋の上での妻・須賀のシーン、いいシーンだったけど、説明的すぎるかな。むしろ無かった方がよかったような気がする。ここで、須賀の気持ち、それから、西郷の人物像を語ることにはなっているのだが。それにしても、ややこしい性格の女性を演じると、橋本愛は実にいい。

この回で黒船がやってきた。で、興味深かったのは、白旗のこと。ペリーは、確かに日本(幕府)に対して白旗をおくっている。このことについては、本がある。

松本健一.『白旗伝説』(講談社学術文庫).講談社.1998
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061593282

また、さりげない台詞であったが、斉彬はペリー来航のことを、事前に知っていた。それは、琉球を通じてとのことであった。

確かに、ペリーは、日本に来る前に琉球によっている。ペリーが、どのような航路をたどって日本にやって来たかについては、以前に書いたことがある。

やまもも書斎記 2016年6月11日
ペリーはどうやって日本に来たのか
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/06/11/8108879

やまもも書斎記 2016年6月30日
西川武臣『ペリー来航』
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2016/06/30/8121187

当時、琉球を支配下に持っていた薩摩藩としては、琉球経由でペリー来航の情報を得ていた、というのは、あり得ることだと思う。

ちなみに、(ドラマには出てこなかったが)ペリーは、他に小笠原にもよっている。ここは、古来からの日本の領土(まあ、日本国政府としてはそのように主張することになるが)、というよりも、太平洋上の孤島であり、アメリカの捕鯨船などとの関係がふかかった。

『白鯨』のピークオッド号も、ペリーと同じような航路をたどって、日本近海にやってきている。

やまもも書斎記 2017年5月17日
『白鯨』メルヴィル(その三)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2017/05/17/8562384

ところで、このドラマのこの回で描いたのは、西郷の人物像である。斉彬のお供として、江戸に行けることになる。が、金がない。このあたり、供を命じた藩の方から、費用が出るのが普通ではないかと思うのだが、どうなのだろうか。

ともあれ、郷中の仲間の努力、それから、妻・須賀の献身によって、西郷は江戸に行けることになる。西郷という人物をささえることになる、鹿児島の人びとの思いが描かれていた。逆にいえば、周囲の人びとをそのようにさせてしまう西郷の人物像でもある。

その西郷は、島津家の家臣として、斉彬への忠誠心で行動する。まだ、西郷には、日本の国への意識……ナショナリズムといっておく……というものは見られない。しかし、斉彬は、世界の中の日本、そして、日本における鹿児島という視点でものを見ている。これから、西郷が、斉彬のお庭方として働くことで、その薫陶をうけて「日本」という国を意識するようになっていくのだろう。

おそらく、これからの西郷の行動の核になるものとしては、故郷の鹿児島に対するパトリオティズム(愛郷心)、島津藩における主君への忠誠心、そして、それを媒介にして「日本」という国についてのナショナリズム、これらの要素があることになると思っている。これら様々な感情が、一つの人格のなかに融合しておさまっているのが、西郷という人物の魅力である。

このような西郷の将来を象徴しているのが、

Cangoxina

のローマ字表記であると見る。故郷の「鹿児島」を「世界」の視点から見る、といってもいいだろうか。

さて、次回は、西郷が江戸に行くことになるようなのだが、はたして、ことばが通じるだろうか。このあたり気になるところである。まだ鹿児島にいる篤姫は、鹿児島ことばであった。この篤姫は、これからどんなことばを話すようになるのだろうか。

追記 2018-03-06
この続きは、
やまもも書斎記 2018年3月6日
『西郷どん』あれこれ「江戸のヒー様」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/03/06/8798469

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/02/27/8795151/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。