『それまでの明日』原尞2018-03-10

2018-03-10 當山日出夫(とうやまひでお)

それまでの明日

原尞.『それまでの明日』.早川書房.2018
http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013841/

期待して読んだのだが……評価としては微妙。読んで思うところは、次の二点になる。

第一に、ハードボイルドとしては、傑作といってよい。探偵・沢崎のもとにおとずれる、ある紳士。その依頼によって、沢崎は行動することになる。そして、まきこまれる、事件。さらに謎を追って、沢崎は行動する。

その沢崎の行動が、主人公(探偵・沢崎)の視点から詳細に語られる。

時代設定としては、21世紀になってからのことになる。だが、この沢崎だけは、前世紀から時間がとまったままのようである。携帯電話も持っていない、ということになっている。(このあたり、『愚か者死すべし』では、携帯電話が重要な役割を担っている描写があったので、どうかなと思う気がしないでもない。)

ともあれ、沢崎を主人公とした、かっこいい男の物語としては、十分に成功している。

第二に、その一方で、ミステリとしての「謎解き」の要素が希薄である。「犯人」は最後まで、ベールの向こうにいるように書かれている。これを「本格」を期待して読むと、ちょっと残念な気がする。

『そして夜は甦る』『私が殺した少女』などでは、「謎解き」の要素を濃く持っていた。それが、ハードボイルドの文体のなかで、緻密に語られていた。だが、この『それまでの明日』は、そのような「本格」ではない。

以上の二点であろうか。総合的には、多少の不満は残るものの、沢崎の再登場作品ということで、私としては、評価しておきたい。

この作品、これまでの原尞の作品を読んでいる人間には、十分に楽しめるような登場人物の配置になっている。ちょっと気になったのは、愛車・ブルーバードが登場しなくなってしまったこと(その理由については、作中で説明がある)。そして、相変わらずの煙草。この小説ほど、現代において、煙草を吸うシーンの多い小説はないのではなかろうか。

また、この小説ではじめて原尞を読んだとい人には、さかのぼって、初期の『そして夜は甦る』からのいくつかを読んでもらいたいと思う。我が国におけるハードボイルドの傑作であり、また「本格」として読んでも、十分に評価できる作品である。

この作品、現代を舞台にしているが、「今」ではない。出てくるのは、携帯電話。スマホではない。そのあたりちょっと気になって読んでいったのだが、その理由は、最後になってわかる。

ことしのミステリのベストに入っていい作品だと思う。