『雪の階』奥泉光2018-04-05

2018-04-05 當山日出夫(とうやまひでお)

雪の階

奥泉光.『雪の階』.中央公論新社.2018
http://www.chuko.co.jp/tanko/2018/02/005046.html

これは、新聞(朝日)の書評を見て買った。書いていたのは、原武史。

奥泉光の作品、以前にいくつか手にした記憶はあるのだが、近年はとおざかっていた。ひさしぶりである。

読んで感じることは、本格的な小説を読んだな、という感じ。まさに重厚な小説である。本の帯を見ると、二・二六事件を背景にした、ミステリーロマン……だが、「本格」を期待して読んではいけないと思う。

たしかに謎はある。主人公は、伯爵令嬢の笹宮惟佐子。その親友、寿子が心中する。が、その死には不審な点があった。謎の心中事件をめぐっておこる、様々なできごと。謎のドイツ人の登場とその死。謎の尼寺。ドイツのスパイ組織か……不審な登場人物たちと、それをめぐっておこる、不可解なできごと。

ところで、二・二六事件とミステリといえば、『蒲生邸事件』(宮部みゆき)とか、北村薫のベッキーさんシリーズが思い浮かぶ。だが、この作品は、これらをあまり考えてはいないようだ。むしろ、読んで感じるのは、『細雪』(谷崎潤一郎)であったり、『春の雪』『奔馬』(三島由紀夫)であったりである。(私の読んだ印象としては、ということだが。)

「本格」として読むと、ちょっと弱い。だが、二・二六事件の前夜にいたる、東京の華族、それも、令嬢の物語として読めば、その重厚な文体とあいまって、作品の世界に引きずり込まれていく。

この小説、ある視点から見れば、「天皇制」をあつかった作品でもある。たぶん、戦前なら、問題になったにちがいない。歴史の始原から連綿と続く血の流れ、それを今につたえているものは、いったい誰なのか。そして、その一族につらなるものは、どう生きるべきなのか。このような問いかけの物語という側面ももっている。

戦前の華族の令嬢を主人公とした、血族をめぐるロマン、それにいくぶんのミステリ的要素をからめた壮大な物語、このように読めばいいだろうか。

だが、戦前、しかも華族という人びとのことを描くと、どうして、このように重厚なあつくるしい感じの文章になるのだろうか。このあたりのこと、現在の我々が昭和戦前のことを、どのような文体で語りうるのか、という観点から考えてみる必要もあるかと思う。

追記 2018-04-06
この続きは、
やまもも書斎記 2018年4月6日
『雪の階』奥泉光(その二)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/04/06/8819843

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/04/05/8819213/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。