『若き詩人への手紙』リルケ2018-08-31

2018-08-31 當山日出夫(とうやまひでお)

若き詩人への手紙

リルケ.高安国世(訳).『若き詩人への手紙・若き女性への手紙』(新潮文庫).新潮社.1953(2007.改版)
http://www.shinchosha.co.jp/book/217501/

原民喜を読んだせいかもしれないが……ふとリルケの文章を読んで(読み返して)みたくなった。探すと、今でも売っている。新潮文庫が、改版して新しいのを出している。

『若き詩人への手紙』は、若い時……高校生ぐらいのとき……なんども読み返した本である。いたるところ傍線だらけになったかと覚えている。(その本も、探せば、まだどこかに眠っているのかもしれないが、探す気力も無いので、新しい本を買って読むことにした。)

「芸術作品は無限に孤独なものであって、批評によってほど、これに達することの不可能なことはありません。ただ愛だけがこれを捉え引き止めるころができ、これに対して公平であり得るのです。――そのような議論や、批判や、解説に対しては、あなたはいつも〈自分自身〉と、あなたの感情とを正しいとお考えください。」(PP.24-25) 〈 〉傍点

今の時代、リルケなどは流行らないのかもしれない。しかし、新潮文庫で、今でも、改版して新しい本で売っているということは、それなりに読者がいるのであろう。これは、やはり喜ばしいことだと思う。

数十年ぶりに読み返してみて、若い時に、この本を読みふけった頃のことを思い出す。顧みれば、自分も、年をとってしまったものだとつくづく感じる。もう、若い時のような感性で、リルケの文章を読むことはできないでいる。

しかし、読み返してみて、若い時の自分を思い出す……これもまた、読書の楽しみの一つということであろう。『マルテの手記』も新しい本で手にはいる。これも読み返してみたい本の一つである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/08/31/8953585/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。