『ファーストラヴ』島本理生2018-09-17

2018-09-17 當山日出夫(とうやまひでお)

ファーストラヴ

島本理生.『ファーストラヴ』.文藝春秋.2018
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163908410

今年、第159回の直木賞作品である。買って読んでみることにした。

この小説は、二つの物語が絡んで進行する。二つの家族の物語である。

第一に、主人公「私」(真壁由紀)を中心とする物語。臨床心理士である。ある刑事事件の「犯人」について、取材することになる。その「私」を軸にした、家族の物語。その夫とのなれそめ。また、その義弟との関係。ここには、複雑に屈折した女性の心理がある。

第二に、「犯人」である聖山環菜をめぐる事件の謎。何故、彼女は、父を刺したのか。取り調べで、彼女はこういう……「動機はそちらで見つけてください」、と。その謎をとくために、「私」は調査を開始する。その結果得られたものは、画家を父にもつ環菜という女性の生いたちからの謎であった。

このような二つの物語が絡まって、小説は語られる。

そして、最後に明らかになる結末……これが、以外とあっけない(私には)。たぶん、ここが、「理由はそちらで見つけてください」に対応するものであったならば……おそらく、直木賞にはなっていなかったであろう。(むしろ、芥川賞になっていたかもしれない。)

とはいえ、この作品、若い女性の心理描写が巧みである。夫と義弟との間で揺れ動く「私」の心のうちが、ふかく印象的に描写されていく。また、犯人が犯行におよんだ動機の解明も、その心のうちに入り込んでいくことになる。この心理描写の巧さが、受賞につながっているのだと思う。

ただ、私の好みをいえば、最後に明らかになる犯行の動機、これは、不明のままでもよかったのではないかと感じる。ここを謎のまま残すという書き方もできたであろう。だが、臨床心理士を主人公にしたこの作品では、そこに解答をあたえることになっている。

これはこれで小説の書き方、作り方であるとは思うが、人間の心、また、犯罪というものを文学的に描くとなった場合、何か物足りない気分が残ってしまう。

ともあれ、この作品、直木賞という賞にふさわしい作品にしあがっているとは思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/09/17/8961324/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。