『悪霊』(1)光文社古典新訳文庫2019-01-19

2019-01-19 當山日出夫(とうやまひでお)

悪霊(1)

ドストエフスキー.亀山郁夫(訳).『悪霊』(1)(光文社古典新訳文庫).2010
http://www.kotensinyaku.jp/books/book111.html

この作品を最初に読んだのは学生のころだったと覚えている。岩波文庫だったか、新潮文庫だったか、今では忘れてしまっている。とにかく、錯綜した人間関係……特にロシア語の人名は分かりづらい……のこともあって、とにかく読んではみたが、そう強い印象が残るということもなく、そのまま今にいたってしまった。

それから、何十年かたち……私も、もう還暦を超えた……再度、ドストエフスキーの作品を読んでみたくなって、手にした。光文社古典新訳文庫で、新しい訳が出ているということもある。読んだのは、『白痴』から読み始めて、『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』と読んで、その次に読むことになった。

光文社古典新訳文庫版では、三巻。全部で2000ページ近い分量になる。長大な作品といっていいだろうが、今回は、これを、ほぼ一気に読みおえた。一日に、ほぼ一冊のペースで読むことができた。なんとか、年が変わって一月の学校の講義が始まるまでに、冬休みの時間をつかって読むことができた。

この小説の出だしは、いたっておだやかである。訳者(亀山郁夫)によれば、このいたって穏やかな出だしの中にこそ、この作品『悪霊』の本質にかかわる部分があるとのこと。そう思ってよんでいくと、なるほどという気がしてくる。

『悪霊』というと、スタヴローギンのことをえてして取り上げて論じがちである。これはこれとして、この作品の普通の読み方だと思う。だが、それだけではない。この『悪霊』が、男と女の物語であり、親と子の物語であり、家族の物語であり、という側面があることに、今回、再読してみて気付いたところである。これは、新しい翻訳でじっくりと読むからこそ感じるところかもしれない。そこに描き出されるのは、人間の精神のドラマである。

十九世紀のロシアの人間ドラマの世界を、そこに読みとってこそ、この小説を読んだということになるのかと思っている。

追記 2019-01-21
この続きは、
やまもも書斎記 2019年1月21日
『悪霊』(2)光文社古典新訳文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/01/21/9027341

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/01/19/9026594/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。