『悪霊』(別巻)光文社古典新訳文庫2019-01-25

2019-01-25 當山日出夫(とうやまひでお)

悪霊(別巻)

ドストエフスキー.亀山郁夫(訳).『悪霊 別巻』(光文社古典新訳文庫).光文社.2012
http://www.kotensinyaku.jp/books/book143.html

続きである。
やまもも書斎記 2019年1月24日
『悪霊』(3)光文社古典新訳文庫
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/01/24/9028389

『悪霊』を、光文社古典新訳文庫(亀山郁夫訳)で読んでいって、この巻が別巻としてある。これは、異例のことである。ここに収めてあるのは、「チーホンのもとで」の三つの異本のそれぞれの訳である。

本来、この章は、『悪霊』の中の一つの章として書かれながらも、当時の社会的な事情……検閲……ということを配慮して、刊行されなかったものである。それが、後になって、各種の異本(校正原稿、清書原稿など)がみつかった。それも、三種類ある。どれが、本当に著者、ドストエフスキーの意図した原稿になるのか、簡単には定めがたい。

このようなこと、文学作品における異文、異本ということは、日本文学などの研究においても問題となる。私などは、このようなことを考えるのは、どちらかといえば好きな方である。というよりも、異本、異文ということを考えることを、これまでの勉強の主な柱としてきたといってもよい。

だが、この年になって、楽しみのために本を読むということをしたくなった。この時、異文、異本ということは気にならないではないが、かつてのように、そう重視することがなくなったというのが本心でもある。異文、異本があり得るということを念頭においたうえで、とりあえず、全体として通読できるテキストがあればいい。

これは、昨年『失われた時を求めて』を読んだときにも感じたことである。

「チーホンのもとで」であるが、これについては、先に書いたように、『悪霊』全体を通読するなかで、何かしら異質なものを感じる。簡単にいえば、この小説の語り手として登場してきている、ヴェルホヴェンスキー氏の視点を完全に離れて、スタヴローギンの心の中にはいっていってしまっているのである。スタヴローギンを中心とした小説として『悪霊』を読むならば、ある意味で最も重要な章ということになる。

この章、それから異本については、これから、再々度、『悪霊』を読み返す……そのような機会をこれからも作っていきたい……その時に、改めて、もう一度たちかえって考えてみたい。

ともあれ、日本語訳の文庫本ということでありながらも、異なるテキストを訳して収録してある、光文社古典新訳文庫版の仕事は、貴重なものだと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/01/25/9028715/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。