紫陽花の冬芽2019-02-13

2019-02-13 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。冬の間なので花は咲いていない。今日は紫陽花の冬芽である。

前回は、
やまもも書斎記 2019年2月6日
梅の冬芽
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/06/9032947

我が家にわずかながら紫陽花がある。そんなに手入れして育てているというのではないが、季節になると花を咲かせる。その紫陽花の冬の様子である。

見ると、紫陽花の冬芽はなかなか興味深い形をしてる。写真に撮ってみると面白い。これから、この冬芽が、どんなふうに葉になり花になっていくのか、観察してみようかと思う。庭にある草木も、その季節の移り変わりがあることに気付く。

使っている機材は、NikonのD500に、マイクロ105ミリ(f/2.8)である。このような写真を撮るのに、ほどよく被写体と距離がとれるので、このレンズを重宝して使っている。

紫陽花の冬芽

紫陽花の冬芽

紫陽花の冬芽

紫陽花の冬芽

紫陽花の冬芽

Nikon D500
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

追記 2019-02-20
この続きは、
やまもも書斎記 2019年2月20日
沈丁花のつぼみ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/20/9038377

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/02/13/9035524/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。