『ひよっこ2』あれこれ2019-03-30

2019-03-30 當山日出夫(とうやまひでお)

NHKで、『ひよっこ2』の放送があった。それを見て思ったことなどまとめて書いてみる。

木曜日まで放送があって、金曜日に文章を書いたので、アップロードは土曜日ということになる。

第一に、やはり、このドラマは、群像劇であること。基本的に、みね子に視点をおきながらも、さまざまな登場人物の、人生のその後を描いている。そして、それが相互にからまりあって、ある時代の、ある地域の出来事でありながら、しかし、その当時の日本のどこにおいてもあったであろう、ひとつの物語世界を構築している。

すずふり亭の人びと、あかね荘の人びと、奥茨城の人びと、時子、三男……など、さまざまな人びとの人生のそれからが描かれていた。それが、まさに、あのドラマから二年後のこととして、さもありなんという設定であった。

第二に、このドラマにおいては、みね子の父親の実の記憶喪失ということが、大きな出来事としてあった。それを、今回の『ひよっこ2』では、記憶が戻らなくてもいい、いや、それを契機にしてこれから新しい人生を築いていこうとしている。記憶喪失になって、記憶が戻らない悲劇を描くこともできるかもしれない。だが、このドラマは、そうはなっていなかった。実は、奥茨城において、新たな人生を描いていた。

以上の二点が、『ひよっこ2』の4回の放送を見て思ったことなどである。

とにかく印象的であったのは、『ひよっこ』の放送があってから、二年後の世界をごく自然に、そして、ハッピーに描いていたことである。これは、脚本が、同じ岡田惠和であったことによる。(多くの場合、朝ドラのスピンオフドラマは、脚本が変わることが多い。)

あの時代、東京オリンピックが終わってしばらくのころのことになる……東京の街を象徴するのは、東京タワーであった。まだ、世の中にある種の希望のようなものを持てた時代である。その明るい時代の様相を、ほがらかに描いてみせてくれたドラマであった。

平成の失われた時代の後、あの時代をふりかえって、なにがしかの郷愁を感じる。これはこれでいいのだろうと思う。もうしばらくすると平成の時代が終わって次の時代になる。そのときになっても、昭和の戦後のある一時期のことを描いたこのドラマのことは、人びとの記憶の中に残ることだろう。

それから、(私にとっては大事なこととして)……みね子は、まだビーフシチューを食べていない。すずふり亭のビーフシチューを食べることが、みね子の念願であったはずである。ということは、この続きがまだあると期待していいのではないだろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/30/9053131/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。