『今昔物語集』(三)新日本古典文学大系2019-03-21

2019-03-21 當山日出夫(とうやまひでお)

今昔物語集(三)

池上洵一(校注).『今昔物語集』(三)新日本古典文学大系.岩波書店.1993
https://www.iwanami.co.jp/book/b259643.html

続きである。
やまもも書斎記 2019年3月18日
『今昔物語集』(二)新日本古典文学大系
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/18/9048584

新日本古典文学大系の『今昔物語集』は、第一巻から順に刊行されてはいない。この第三巻の本朝からの刊行になっている。また、天竺、震旦とも、校注者が異なっている。今日の『今昔物語集』の研究の方向からするならば、これはこれで順当な方針ということになるのだろう。特に、出典・典拠となった先行する文献との比較対象が重要な課題となっている『今昔物語集』の研究の流れとしては、五冊につくるそれぞれの校注を分担するということになる。

だが、そうすると、かつての日本古典文学大系で、山田忠雄先生を中心とした研究者によって、『今昔物語集』全体を、ひとつの作品とみる、そのなかで、天竺・震旦と、本朝において、ことばが異なることを見極めていった、そのようなことができなくなってしまっているという恨みがどうしてもある。

ここは、すでに先行する研究として『今昔物語集』については多くの論考があり、古典大系、古典文学全集などの校注本があることをふまえれば、このような方針になるのは、当然であるともいえよう。

しかし、今、新日本古典文学大系版で、順番に読んで来て感じることは、『今昔物語集』全体を通して、何を読みとろうとするのか……その全体を俯瞰する視点が希薄になってしまっているというのは、どうしようもないことなのかもしれない。

新日本古典文学大系の第三冊目は、本朝の仏法をおさめる。我が国に仏教がつたわってきてからの話しからはじまって、各種の霊験譚が多くおさめられている。ただ、これも、個別にみれば、たまたま、観音菩薩霊験譚になっているが、その内容としては、いわゆる「わらしべ長者」の話しであったりもする。あながちに、仏法に分類されているからといって、仏教についての説話ばかりを集めたということでもない。

今回、新日本古典文学大系版で、順番に読んでみて感じるのは、たとえば「わらしべ長者」の話しへの「作者」の関心であり、それを、観音霊験譚のなかに、なかば強引な印象をかんじるのだが、とにかく収録している、その『今昔』を編集しようという熱意のようなものである。この『今昔』の「作者」は、『今昔』を編集することで、いったい何を目論んでいたのだろうか。天竺・震旦をふくめて考えるのは、やはり、『今昔』の世界のなかで、地理的にも、時間的にも、この世の森羅万象もろもろを、総合して集めてみようという、ある種の執念のようなものを感じざるをえない。

次は、第四冊目である。本朝がつづく。世俗の部分にはいることになる。ある意味で、『今昔』のもっとも面白い巻になる。ここは、楽しみの読書として、ひたすらにテキストを追って読んでいきたいと思う。

追記 2019-03-22
この続きは、
やまもも書斎記 2019年3月22日
『今昔物語集』(四)新日本古典文学大系
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/22/9050091

『今昔物語集』(四)新日本古典文学大系2019-03-22

2019-03-22 當山日出夫(とうやまひでお)

今昔物語集(四)

小峯和明(校注).『今昔物語集』(二)新日本古典文学大系.岩波書店.1994
https://www.iwanami.co.jp/book/b259644.html

続きである。
やまもも書斎記 2019-03-21
『今昔物語集』(三)新日本古典文学大系
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/21/9049698

『今昔物語集』も、第四冊目になって、いわゆる「世俗」の部分になる。(ただ、この第四冊目の校注者である小峯和明は、解説において「世俗」のことばをさけている。)

この第四冊目になって、印象的なのは、やはり「兵」の登場であろう。『今昔物語集』で最も著名な話しとされる、巻二十三、第十四……どこからともなく現れ、また、どことへもなく消えていく警護の兵。また、巻二十五、第十二……馬盗人を射殺した兵の親子の話。これら、『今昔物語集』において、著名な印象的な話しをおさめる。

まさに「兵」という種類の人びとの登場が、この『今昔物語集』の、まさに中世を予見させるところであろうかと感じる。これは、ただ、ひたすら、順番に『今昔物語集』を読んでいくなかで、あきらかに、仏教や霊験譚、また、鬼神の話しなど、古代を感じさせる話しとは異質なものである。

平安のおわり、古代の末期に書かれた『今昔物語集』において、次の時代である中世を感じさせるところである。

今から思い起こしてみれば、若いとき『今昔物語集』(日本古典文学大系)は、読んだものであるが、天竺の最初から順番にページを繰るということはしていなかったように思う。私が勉強しはじめたころは、すでに日本古典文学大系の『今昔物語集』は完結していて、その「刷」による校注の異同というようなところに、関心が移っていった時期でもある。また、その天竺・震旦と本朝の間のことばの違いというようなことに注目があつまってもいた。とにかく全部のページを繰ることはしていたが、ただテキストを読もうとして、順番には読んで来なかった。

それが、齢七旬に達して、ようやく、『今昔物語集』を最初から順番にページを繰ってみるということをしている。もう『今昔物語集』を題材にして、論文を書こうという気を持っていないせいもある。(とはいえ、新しい校注本を読みながら、いくつかのことばについては、やはり気になるところはあるのだが。)

新日本古典文学大系の本で、天竺から順番に読んできた感じることは、この『今昔物語集』という作品を書いた「作者」の意図、あるいは、その精神、とでもいうべきものである。

「兵」という新しい人びとを描きながらも、その一方では、王朝貴族については今一つ描写が及ばないと感じさせる……例えば『源氏物語』にくらべてであるが……しかし、これは、『源氏物語』が書きえなかった、王朝貴族の周辺にいた雑多な人びと……それが盗人であるかもしれない、また「兵」でもある……を、見事に活写している。この人びとの生き生きとした描写にこそ、『今昔物語集』が、今なお読まれ続けている理由があるのであろう。

追記 2019-03-25
この続きは、
やまもも書斎記 2019年3月25日
『今昔物語集』(五)新日本古典文学大系
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/25/9051184

桜の花芽2019-03-23

2019-03-23 當山日出夫(とうやまひでお)

ちょうどその季節なので、今日は花の写真。桜の花芽である。

前回は、
やまもも書斎記 2019年3月20日
梅が咲いた
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/20/9049299

たぶん、来週になると花が咲いているかもしれない。季節の花の写真を撮っていると、意外とシャッターチャンスが希少なことに気付く。桜の花の満開の時もわずかのまであるが、それ以前のもうじきつぼみになって花が開きそうな時、このような時もほんのわずかの時である。

桜の木をこのところ見ている。冬芽が徐々に色づいてふくらんでいって、もうじきつぼみかなと思える、その少し前の状態である。このような時も写しておきたいと思ってカメラを手にして外に出た。

テレビのニュースを見ていると、東京では桜の開花があったようだ。私の住むところでも、もうじき開花ということになるだろう。我が家の桜は、だいたい季節の動きからそうずれることがない。

見上げると、木の上の方にはさらにふらんでいるつぼみと言っていいような状態のものも見える。が、写真にはとれない。目の高さぐらいにあって、接写用のマイクロレンズで写せる高さのところのものを探して写してみた。

桜の花芽

桜の花芽

桜の花芽

桜の花芽

Niko D500
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

追記 2019-03-27
この続きは、
やまもも書斎記 2019年3月27日
山茱萸の花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/27/9051950

『まんぷく』あれこれ「できました!萬平さん!」2019-03-24

2019-03-24 當山日出夫(とうやまひでお)

『まんぷく』第25週「できました!萬平さん!」
https://www.nhk.or.jp/mampuku/story/index25_190318.html

前回は、
やまもも書斎記 2019年3月17日
『まんぷく』あれこれ「見守るしかない」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/17/9048189

やっと、まんぷくヌードルの完成である。

このドラマで描いてみせたことは次の二点だろうか。

第一に、まんぷくヌードル(カップヌードル)の斬新さ、である。

今の我々は、すでにカップヌードルを知っている。また、その後に出た各種のインスタントラーメンの類を知っている。だから、かつて、カップヌードルが登場したときの、時代にさきんでた新しさというものを忘れているのかもしれない。

萬平は語っていた、これからは核家族の時代である、その時代に合わせたインスタント食品が必要になってくる。まさに、今の時代をみれば、この予言は的中していたことになる。

第二、そのまんぷくヌードルを開発するにあたっての、福子の内助の功の物語。

このドラマ、ヒロインの福子は、基本的に仕事の表に出ることはなかった。ものづくりにはげむ夫、萬平によりそう形で、家庭のなかから支えていた。まさに、(もう古風なことばになってしまったが)「内助の功」としかいいようのないものである。

そして、まんぷくヌードルの完成は、福子の助力のたまものでもある。

以上の二点が基本的に感じるところである。

そこに、画伯の弟子の話などがうまくからんできていた。そういえば、カップヌードルは、そのパッケージデザインも斬新なものであったと、今になって見れば感じるところがある。

さて、次週、鈴さんのことになるらしい。このドラマの最初から出演してきている。最後まで、元気でいてほしかったとは思うのだが。

次週で最終週である。楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-03-31
この続きは、
やまもも書斎記 2019年3月31日
『まんぷく』あれこれ「行きましょう!二人で」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/31/9053569

『今昔物語集』(五)新日本古典文学大系2019-03-25

2019-03-25 當山日出夫(とうやまひでお)

今昔物語集(五)

森正人(校注).『今昔物語集』(五)新日本古典文学大系.岩波書店.1996
https://www.iwanami.co.jp/book/b259645.html

続きである、
やまもも書斎記 2019年3月22日
『今昔物語集』(四)新日本古典文学大系
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/22/9050091

『今昔物語集』を、新日本古典文学大系版で、第一巻から順番に読んできて、ようやく第五巻を読み終わった。『今昔物語集』の全巻を読むのは、久しぶりである。若いときには、昔の日本古典文学大系で読んだ。それから、折に触れて手にすることはあったとはいうものの、今回は、天竺のところから、ひたすら順番に読んでみた。

読み終えて感じるところは次の二点であろうか。

第一に、巻二十七である。怪異譚をおさめる。

昔、若いとき、『今昔物語集』を読むとき、この巻二十七は、読むのが怖かったのを憶えている。どうということのない昔の話しではあるのだが、読んでいて、鬼気迫るものがその文章の行間からたちのぼってくる。今回も、この巻二十七については、思わずその作品のなかにのめりこんで読みふけってしまうところがあった。(まあ、昼間、明るいときに自分の部屋でよんだのだが、今回は、あまり怖いと感じるところななくてすんだのだが。)

文章を読んで本当に怖いと感じるものとして、私の場合、『遠野物語』(柳田国男)がある。前にも書いたと思うが、実は、私は、『遠野物語』を全部読んでいない。怖いからである。

『今昔物語集』、『遠野物語』、時代を異にする作品ではあるが、その文章の力とでも言うべきものを感じずにはいられない。華美な文章というのではない。実に素朴な文章である。しかし、そこで語られる怪異譚には、心の底から恐怖を感じるところがある。

第二に、「説話」というのは、近代になってから確立した、文学史のジャンルであること。

もし『今昔物語集』が無かったならば、今日のように、説話というものが、日本文学史の中のひとつのジャンルとして確立したものとしてあっただろうか。『日本霊異記』『宇治拾遺物語』などだけでは、ちょっと難しいのではないかと感じる。やはり、『今昔物語集』があってのことである。

この近代における、説話という文学史の位置づけには、おそらく、芥川龍之介に代表されるような文学者の作品が寄与しているにちがいない。いや、今の目で、『今昔物語集』を読んで、芥川を意識してしまう。

ただ、新日本古典文学大系の校注には、これは当然のことかもしれないが、芥川龍之介などについての言及はない。しかし、読んでいくと、ああこれが、『羅生門』の、『藪の中』の、『六の宮の姫君』の、『芋粥』の、出典になった話しであると、感じ取りながら読むことになる。これは、近現代になってからの、『今昔物語集』の新しい読み方なのかもしれない。

以上の二点が、今回、『今昔物語集』を読んでみて感じるところである。

もう『今昔物語集』を題材にして、論文を書こうという気をもっていない。とはいえ、読みながら気になることば、語法、表現、というものはあるのだが、それらのうちいくつかには付箋をつけてはみたが、ただ、それだけのことである。ただ、純然とした、読書の楽しみとして『今昔物語集』を読むことにした。

続けて、日本の古典文学について、ただ読書として読んでいきたいと思っている。




『いだてん』あれこれ「太陽がいっぱい」2019-03-26

2019-03-26 當山日出夫(とうやまひでお)

『いだてん~東京オリムピック噺~』2019年3月24日、第12回「太陽がいっぱい」
https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/012/

前回は、
やまもも書斎記 2019年3月19日
『いだてん』あれこれ「百年の孤独」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/19/9048972

四三は、最後までマラソンを走ることができなかった。

このような選手を、このオリンピックを描くことになるドラマで最初の主人公にもってきたきた意図はどこにあるのだろうか。それは、まさしくオリンピックの精神……参加することに意義がある……これを描くことに他ならないと感じる。

また、印象的に描かれていたのは、四三の故郷である熊本における応援の様子。まだ、ラジオもない時代である。四三のレースの様子がどうであるかもわからない。しかし、熊本の人びと、なかでもスヤは、懸命になって四三を応援する。

四三は、熊本とつながっている。日本を代表して参加し、日の丸のユニフォームを着てはいるが、その日本の国は、四三を応援しているということはない。参加のための費用も自弁であった。だが、熊本の人びとは四三を応援する。

日本人として初めてオリンピックに参加し、マラソンを走った四三に、ナショナリズムのプレッシャーは感じられない。いや、本人は、それを感じているように描いてはあったが、しかし、それよりも、一人の人間として、オリンピックという晴れの舞台に出場すること、その競技に参加することの充足感を、深く感じているようであった。

ここまでこのドラマを見てきて、マラソンを走ることができなかった四三に対して、「よく頑張った」という気になる。これこそ、このドラマで描こうとしているオリンピックというものなのであろう。

ところで、やはり面白くないと感じるのが、落語家(志ん生)の部分。はっきりいって今のところ、この落語家についてのストーリーが面白くない。だが、これも、次の時代のオリンピック……それを代表するのが、ベルリンの「民族の祭典」であろう……において、たかがオリンピック、たかがメダル、と毒をもって笑いとばすことになるのかもしれない。あるいは、逆に、志ん生ですら熱狂することになるのが「民族の祭典」、という展開になるのかもしれない。このあたり、どうなるか、楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-04-02
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月2日
『いだてん』あれこれ「復活」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/02/9054483

山茱萸の花2019-03-27

2019-03-27 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので、花の写真。今日は山茱萸である。

前回は、
やまもも書斎記 2019年3月23日
桜の花芽
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/23/9050405

サンシュユ「山茱萸」である。この木については、去年、その実が青い時に写している。

やまもも書斎記 2018年8月23日
山茱萸
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/08/23/8948047

去年の文章で『言海』を引用しておいた。そこに記述のあるとおり、春になると黄色い花を咲かせる。その花の開いた時である。

花の咲く前のつぼみの時。花の開いたとき。実の青いとき。実が赤くなった時。それぞれに、写真にとるには適している。庭にあって、ほぼ毎日のように目にしている木である。この木の様子を見ていると季節の移ろいを感じるようになった。

山茱萸

山茱萸

山茱萸

山茱萸

山茱萸

山茱萸

Nikon D500
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

追記 2019-04-03
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月3日
木瓜の花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/03/9054844

『1Q84』BOOK1(前編)村上春樹2019-03-28

2019-03-28 當山日出夫(とうやまひでお)

1Q84(1)

村上春樹.『1Q84』BOOK1(前編)(新潮文庫).新潮社.2012(新潮社.2009)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100159/

ふと思って村上春樹を読むことにした。

村上春樹は、かなり以前にいくつかの作品に接したことはあるのだが、それほどの読者ではなかった。が、ここにきて、その作品を読んでおきたたくなった。いろいろ理由はある。

その一つは、新しい作品である『騎士団長殺し』が文庫版で刊行になった、ということがある。主な作品は、文庫本で読めるようになっている。ここをきっかけに村上春樹を読んでおきたいと思った。

また、第二の理由として、最近であるが、朝日新聞社の次のHPで、『1Q84』を目にしたこともある。

好書好日 朝日新聞「平成の30冊」を発表
https://book.asahi.com/article/12182809

この平成の第一位が、『1Q84』になっている。

実は、『1Q84』は、読んでいない本であった。しかし、やはりこれは読んでおきたいと思う。そして、『1Q84』をはじめとして、村上春樹の作品を読んでおきたいと思った。

ところで、なぜ、私は、若い時に、村上春樹を読んで、その作品から離れてしまったのだろうか。その理由、それは、同時に、今あらたに村上春樹を読んで感じるものに通じる。『1Q84』の文庫本の第一冊目を読んだ限りの印象を一言でいうならば、小説の背後に存在する「メタ」な視点にあるのだろうと思う。

たぶん、若い時の私は、この村上春樹の作品にある「メタ」な視点になじめないものを感じてしまったのだと、今にして思う。だが、これも、この時になって読んでみると、この「メタ」の視点こそが、村上春樹の文学の本質にかかわるものであることを感じ取る。(たぶん、この直感は間違ってはいないと思う。素直に物語世界の中に入っていけない、何かを感じてしまったのである。)

『1Q84』は、文庫本で六冊につくってある。まだ、その第一冊目を読んだばかりである。小説は、青豆と天吾の二人の主人公の、二つの物語が併行してかたられている。まだ、この二人の物語は交わるところがない。今後、どのような展開になるのか……その小説のストーリーの展開も気になるが、それよりも、この小説を構成する作者の「メタ」の視点を感じ取りながら、小説世界の中にはいっていく自分がある。

この「メタ」の視点がはっきりと描かれているのが、天吾の章。そして、天吾の章と、青豆の章の二つを俯瞰する、さらに上にある視点。この「メタ」の視点のもとに、これから、二つの物語がどのようにからまっていくのか、読んでいきたいと思う。

日本の古典文学の再読の間に、村上春樹をじっくりと読んでみたいと思っている。

追記 2019-03-29
この続きは、
やまもも書斎記 2019年3月29日
『1Q84』BOOK1(後編)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/29/9052759

『1Q84』BOOK1(後編)村上春樹2019-03-29

2019-03-29 當山日出夫(とうやまひでお)

1Q84(2)

村上春樹.『1Q84』BOOK1(後編)(新潮文庫).新潮社.2012(新潮社.2009)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100160/

続きである、
やまもも書斎記 2019年3月28日
『1Q84』BOOK1(前編)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/03/28/9052404

『1Q84』をひたすらテキストを追って読んでいる。「BOOK1」の後編になって、青豆と天吾の物語が、徐々にではあるが、かすかに交錯しだす。謎の宗教教団、リトル・ピープル、二つの月……など。

「1Q84」は、「1984」に由来する。「1984」は、無論、オーウェルの小説のタイトル。近未来を予言した作品として、まさに、1984年の当時、話題になったことを、私は記憶している。

この作品を読んでいきながらいろいと考えるとことはあるのだが、しかし、そのようなことを考えるよりも、思わず知らず、この小説の世界……それは、青豆のストーリーと、天吾のストーリーが、交互に出てくるわけだが、その世界の中に没入してよみふけっていることに気付く。それほど、この小説は、魅力的である。

この村上春樹の作品の魅力が、若いころの私には分からなかったと言っていいだろう。ようやく、いろいろ本を読んできたあげくにであるが、村上春樹作品の面白さに気付いたと、我ながら思うのである。たぶん、昨年読んだ『失われた時を求めて』や、ドストエフスキーの作品群、それから、今年になってから読んだ『源氏物語』『平家物語』『今昔物語集』など、これらの作品を読むということを経過した目で読んでみて、ようやく理解できる文学の面白さである。

この小説の描いているのは……この世界、そのあり方が、視点をかえると、ガラリと別のものになってしまう、文学的想像力の世界、このようにいえるだろうか。

次は、「BOOK2」になる。楽しみに読むことにしよう。

追記 2019-04-01
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月1日
『1Q84』BOOK2(前編)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/01/9054067

『ひよっこ2』あれこれ2019-03-30

2019-03-30 當山日出夫(とうやまひでお)

NHKで、『ひよっこ2』の放送があった。それを見て思ったことなどまとめて書いてみる。

木曜日まで放送があって、金曜日に文章を書いたので、アップロードは土曜日ということになる。

第一に、やはり、このドラマは、群像劇であること。基本的に、みね子に視点をおきながらも、さまざまな登場人物の、人生のその後を描いている。そして、それが相互にからまりあって、ある時代の、ある地域の出来事でありながら、しかし、その当時の日本のどこにおいてもあったであろう、ひとつの物語世界を構築している。

すずふり亭の人びと、あかね荘の人びと、奥茨城の人びと、時子、三男……など、さまざまな人びとの人生のそれからが描かれていた。それが、まさに、あのドラマから二年後のこととして、さもありなんという設定であった。

第二に、このドラマにおいては、みね子の父親の実の記憶喪失ということが、大きな出来事としてあった。それを、今回の『ひよっこ2』では、記憶が戻らなくてもいい、いや、それを契機にしてこれから新しい人生を築いていこうとしている。記憶喪失になって、記憶が戻らない悲劇を描くこともできるかもしれない。だが、このドラマは、そうはなっていなかった。実は、奥茨城において、新たな人生を描いていた。

以上の二点が、『ひよっこ2』の4回の放送を見て思ったことなどである。

とにかく印象的であったのは、『ひよっこ』の放送があってから、二年後の世界をごく自然に、そして、ハッピーに描いていたことである。これは、脚本が、同じ岡田惠和であったことによる。(多くの場合、朝ドラのスピンオフドラマは、脚本が変わることが多い。)

あの時代、東京オリンピックが終わってしばらくのころのことになる……東京の街を象徴するのは、東京タワーであった。まだ、世の中にある種の希望のようなものを持てた時代である。その明るい時代の様相を、ほがらかに描いてみせてくれたドラマであった。

平成の失われた時代の後、あの時代をふりかえって、なにがしかの郷愁を感じる。これはこれでいいのだろうと思う。もうしばらくすると平成の時代が終わって次の時代になる。そのときになっても、昭和の戦後のある一時期のことを描いたこのドラマのことは、人びとの記憶の中に残ることだろう。

それから、(私にとっては大事なこととして)……みね子は、まだビーフシチューを食べていない。すずふり亭のビーフシチューを食べることが、みね子の念願であったはずである。ということは、この続きがまだあると期待していいのではないだろうか。