『1Q84』BOOK3(後編)村上春樹2019-04-06

2019-04-06 當山日出夫(とうやまひでお)

1Q84(6)

村上春樹.『1Q84』BOOK3(後編)(新潮文庫).新潮社.2012(新潮社.2010)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100164/

続きである、
やまもも書斎記 2019年4月5日
『1Q84』BOOK3(前編)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/05/9055671

読み終わった。先に書いたように、村上春樹の小説は、若いころにいくつか手にした記憶があるのだが、それほど熱心な読者になるということもなく、今まで来てしまった。平成が終わるときにあたって、村上春樹を読んでおきたくなって読んだ。

『1Q84』の全編を読んで感じることは、次の二点だろうか。

第一には、やはりこれは、パラレルワールドの話しであったということ。読みながら、何となくそんな予感があったのだが、結末のところにいたって、別の世界に移動することになる。そして、その世界の入り口は、例の首都高である。

第二には、この作品にどことなくただよっている詩情である。ストーリーの展開は、ある意味でどうでもいい。この作品が、ふとしたところで描いてみせる、きわめて抒情的なシーン。

『1Q84』は、『猫町』(萩原朔太郎)を意識していると感じさせる。ふとした瞬間に、この世界が反転してネガがポジになるような、あるいは、上下がひっくり返って別の世界にほうりこまれるような、そんな場面が、いくつかある。

この意味……強いていえば、散文詩的要素とでもいえようか……この作品のストーリーの展開は、どうでもいいことのように思える。荒唐無稽であっても、それで十分なのである。リアリズムの作品として読んではいけない。詩情を感じながら読むべき作品である。

以上の二点が、この『1Q84』を読んで感じるところである。

たぶん、これは、平成という時代を代表するにふさわしい作品である。もはやリアリズムの手法では描くことのできない、この世界というもの。まさに、失われた時代というべき平成にふさわしいと感じる。

平成の次の時代、村上春樹はどんな作品を書いていくことになるのだろうか。その前に、これまでの村上春樹作品、まずはその長編を読んでおきたいと思う。次は、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』である。

追記 2019-04-09
この続きは、
やまもも書斎記 2019年4月9日
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/09/9057420

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/06/9056096/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。