『なつぞら』あれこれ「なつよ、雪原に愛を叫べ」2019-05-12

2019-05-12 當山日出夫(とうやまひでお)

『なつぞら』第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/06/

前回は、
やまもも書斎記 2019年5月5日
『なつぞら』あれこれ「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/05/9068496

この週で描いていたのは、なつの「家族」ということになると思う。十勝にいる家族、そしてまだ本格的には登場していないが、先週から出てきている東京の兄。この二つの「家族」のあいだで、なつの心はどう揺れ動いていくのだろうか。

じいさん(泰樹)は、なつを照男と結婚させようとする。つまりは、柴田牧場の跡取りをきちんとしておきたい、ということなのであろう。だが、その考えに、なつは反発することになる。

また、その一方で、天陽もなつのことを思っているようだ。スキーの競争で、照男と天陽は、なつとのことをめぐって勝負することになる。

ところで、この週で、なつは、アニメーションと出会うことにもなっている。ディズニーの『ファンタジア』を見る。NHKの朝ドラで、ディズニーの映画のシーンが見られるとは思っていなかったのだが、『ファンタジア』のシーンが登場していた。これは、これから、なつがアニメーターになる人生を選ぶことの、伏線になっているはずである。

東京でも、アニメ制作の会社をおとづれてもいる。

結局、このドラマ、なつがアニメーターになる道を描くことになるのは、既定の路線だと思うのだが、なつがそれを決心するまでは、いろいろと紆余曲折があるようだ。

この週の最後、吹雪のなかでたおれてしまったなつを助けたのは、いったいどんな人間なのか。そして、それが、なつのこれからの人生の決断に、影響を及ぼすことになるのだろうか。楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-05-19
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月19日
『なつぞら』あれこれ「なつよ、今が決断のとき」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/19/9074345

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/12/9071407/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。