『いだてん』あれこれ「箱根駅伝」2019-05-21

2019-05-21 當山日出夫(とうやまひでお)

『いだてん~東京オリムピック噺~』2019年5月19日、第19回「箱根駅伝」
https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/019/

前回は、
やまもも書斎記 2019年5月14日
『いだてん』あれこれ「愛の夢」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/14/9072244

この回で描いていたのは、箱根駅伝。

箱根駅伝といえば、今では、お正月の恒例行事になっている。それが、オリンピックのマラソン予選として始まったということは、このドラマで知った。(たぶん、これは、史実にもとづいていることなのだろう。)

だが、次のオリンピック……ベルリンのオリンピックが中止になって、八年ぶりに開催のオリンピックである……において、マラソンは、競技種目からはずされるらしい。しかし、そのことを、嘉納治五郎は、四三になかなか言い出せないでいる。

ただ四三はひたむきである。オリンピックに出る、マラソンに優勝する、このことだけを夢みて頑張っている。マラソンで優勝する気でいる。

このような四三のオリンピックにかける情熱を描きながら、ナショナリズムを感じさせない作りになっているのは、そのように意図してあるからなのだろう。オリンピックに出場すると決心している四三であるが、国(日本)を代表しているという悲壮感のようなものは、ほとんど感じさせない。

それは、あまりに大真面目に四三の姿を描いているせいだろう。大真面目になればなるほど、その姿は、傍目から見れば、どことなく滑稽さをともなうものである。

また、ここにきて、日本のマラソン界を代表する立場になっている四三であるが、熊本方言のままである。時代は大正時代だから、ここは、標準的な日本語であっていいはずのところだが、そうは描いていない。この熊本方言の感じさせるリージョナリズム(地方主義)が、ナショナリズム(国家主義)を、緩和する働きをしていると、私は見ながら思っている。

ところで、この回は、日本初の箱根駅伝を、落語で語ってみせていた。しかも、駅伝落語という趣向である。これはこれとして、非常に斬新な試みであったと思う。特に、孝蔵役の森山未來の使い方がうまかった。話し(落語)もうまい。

たしかに、このドラマ、大河ドラマとしては、いろいろ新機軸を打ち出していることは分かる。そしてそれはある程度成功しているだろう。

しかし、そのこと、つまり、この回全体としてみれば、日本初の箱根駅伝を、ドタバタ喜劇風に描くということが、成功したかどうかは、また微妙かもしれない。が、これも、日本を背負って走る、母校の栄誉を担って走る、ということだけであるならば、それはそれとして、いろいろ問題のあることだろうとは思う。そのあたりのところを、ドタバタ喜劇風の描写でさらりと流して描いてみせたのは、脚本のうまさということになるのかと思っている。

オリンピックということで、国を代表して参加する、国家を背負って戦う、このことの悲壮感、責任感、さらには、金メダルを取るということの意味、このあたりのことを、このドラマは、これからどのように描いていくことになるのか、楽しみに見ることにしたい。また、これから、オリンピックを落語とどうからめて描くことになるのか、これにも期待したい。

追記 2019-05-28
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月28日
『いだてん』あれこれ「恋の片道切符」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/28/9077891

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/21/9075115/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。