『ダンス・ダンス・ダンス』(上)村上春樹2019-05-11

2019-05-11 當山日出夫(とうやまひでお)

ダンス・ダンス・ダンス

村上春樹.『ダンス・ダンス・ダンス』(上)(講談社文庫).講談社.2004 (講談社.1988)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000203624

『羊をめぐる冒険』に続いて読んだ。

やまもも書斎記 2019年5月9日
『羊をめぐる冒険』(上)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/09/9070215

やまもも書斎記 2019年5月10日
『羊をめぐる冒険』(下)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/10/9070623

村上春樹を『1Q84』からさかのぼって読んできて、『風の歌を聴け』からまた順に読んでいる。これは、ある意味ではシリーズになっている。「僕」と「鼠」そして、「羊男」の物語である。

この作品の上巻を読んだところで思うところを書けば次の二点になるだろうか。

第一には、この作品も、また異界の物語であるということ。

北海道にあるドルフィン・ホテル、このホテルが、異界、あるいは、異界への入り口・境界である。ホテルの建物のなかのある階が、エレベーターを通じて、まるごと異世界に通じている。この世界のとなりにある、異次元の別世界でおこる奇妙な体験。そこに登場する謎の羊男。

この小説も他の村上春樹の作品と同様に異世界に通じている。

第二には、この作品中に出てくることばで言うならば「高度資本主義社会」である。

この作品は、1988年に世に出ている。東西冷戦の終結する直前の時代である。そのころの日本はどんなだったろうか。60年代の政治の季節が終わって、日本は高度経済成長を謳歌していた時代、だが、どことなく社会の不安……この今ある世界は本当は虚構のものなのではないだろうか、というような漠とした不安のようなものがあった時代、このようにいうことができるだろうか。

いや、これは正しくない。逆である。今の時代、二一世紀になってから、平成がおわり令和の時代をむかえようという今になって、昔を懐古して、1980年代を思ってみるならば、この小説がえがいたような、架空にただよっているような感覚にいたのではなかったかと、昔のことが思い出される。

また、さらに作中で出てくることばでいうならば「雪かき」である。80年代という時代は、今から振り返ってみれば、「雪かき」をしていた時代、ということになるのかもしれない。

この意味において、この『ダンス・ダンス・ダンス』は、時代を描いた作品である。

以上の二点が、上巻を読んで感じるところである。北海道の謎のホテルはどうなるのだろうか。そして、実在すると信じていたこの世界が、実はネガが反転した世界としてのポジであったことを予感させるこの小説のストーリーは、どこへ帰着するのであろうか。楽しみに次を読むことにしたい。

追記 2019-05-13
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月13日
『ダンス・ダンス・ダンス』(下)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/13/9071854

『なつぞら』あれこれ「なつよ、雪原に愛を叫べ」2019-05-12

2019-05-12 當山日出夫(とうやまひでお)

『なつぞら』第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/06/

前回は、
やまもも書斎記 2019年5月5日
『なつぞら』あれこれ「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/05/9068496

この週で描いていたのは、なつの「家族」ということになると思う。十勝にいる家族、そしてまだ本格的には登場していないが、先週から出てきている東京の兄。この二つの「家族」のあいだで、なつの心はどう揺れ動いていくのだろうか。

じいさん(泰樹)は、なつを照男と結婚させようとする。つまりは、柴田牧場の跡取りをきちんとしておきたい、ということなのであろう。だが、その考えに、なつは反発することになる。

また、その一方で、天陽もなつのことを思っているようだ。スキーの競争で、照男と天陽は、なつとのことをめぐって勝負することになる。

ところで、この週で、なつは、アニメーションと出会うことにもなっている。ディズニーの『ファンタジア』を見る。NHKの朝ドラで、ディズニーの映画のシーンが見られるとは思っていなかったのだが、『ファンタジア』のシーンが登場していた。これは、これから、なつがアニメーターになる人生を選ぶことの、伏線になっているはずである。

東京でも、アニメ制作の会社をおとづれてもいる。

結局、このドラマ、なつがアニメーターになる道を描くことになるのは、既定の路線だと思うのだが、なつがそれを決心するまでは、いろいろと紆余曲折があるようだ。

この週の最後、吹雪のなかでたおれてしまったなつを助けたのは、いったいどんな人間なのか。そして、それが、なつのこれからの人生の決断に、影響を及ぼすことになるのだろうか。楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-05-19
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月19日
『なつぞら』あれこれ「なつよ、今が決断のとき」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/19/9074345

『ダンス・ダンス・ダンス』(下)村上春樹2019-05-13

2019-05-13 當山日出夫(とうやまひでお)

ダンス・ダンス・ダンス(下)

村上春樹.『ダンス・ダンス・ダンス』(下)(講談社文庫).講談社.2004 (講談社.1988)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000203625

続きである。
やまもも書斎記 2019年5月11日
『ダンス・ダンス・ダンス』(上)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/11/9070999

下巻まで読んで感じるところを記すと次の二点になるだろうか。

第一に、やはりこの小説も「異界」の物語であったということ。

小説中、この世界が実は虚構のもので、本当は別の世界があるのかもしれない……このような意味のことが、たびたび言及される。まさに、この小説のなかで起こるできごと、ハワイへの旅行、殺人事件……これらは、実は、別の世界で起こったことなのかもしれない。

あるいは、現実にあるこの世界がゆがみ、亀裂が生じて、別の世界と交わり融合する瞬間がある、とでもいうことができようか。

そして、この小説において、物語は、最初に出てきたホテル……札幌にある「いるかホテル」に舞台がもどる。そこで、再び起こる、異界の出現。この世界から別の世界へと、時空が転変する。

第二に、村上春樹の作品は、その書かれた時代……この作品であれば80年代ということになるであろう……の、時代風俗を各種の「記号」であらわしている。それが、音楽であったり、食べ物であったり、ファッションであったり。

読みようによっては、まさに80年代の風俗小説と読めなくもない。だが、そのような時代の制約を描きながら、この作品は、普遍性をめざしている。現実と思っているこの世界が実は虚構のものにすぎないのではないか、日常世界の裏にひそむ異世界への感覚である。

そのキーワードになるのが「雪かき」であるのかもしれない。80年代の「高度資本主義」の世界のできごとは、後になって思い返してみれば、「雪かき」のようなものだったのだろうか。

以上の二点が、『ダンス・ダンス・ダンス』を読み終わって感じるところである。

ところで、これまで、村上春樹の作品を読んできた。おおむね、『1Q84 』からさかのぼる形で読んで来た。そのなかで感じることは、上述のような異世界への感覚である。ここで、この作品では、エレベーターが重要な意味を持つものとして登場している。

学生の時に習ったこと、文化人類学、民俗学の知見でいうならば、カプセル状のものに閉じ込められて、この世界と別世界を移動するということがある。たとえば、「桃太郎」の話しにおける「桃」がそうであり、「かぐや姫」の話しにおける「竹」が、そのように解釈できる。

このような文化人類学的、民俗学的な解釈からしても、まさに、エレベーターは、現代という時代における、異世界への入り口としての役割をはたしていることになる。そういえば、『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』でも、エレベーターが重要な意味を持っていたと読むことができるかもしれない。

さて、残る長編は、一番新しい作品になる『騎士団長殺し』である。

追記 2019-05-18
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月18日
『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編)(上)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/18/9073907

『いだてん』あれこれ「愛の夢」2019-05-14

2019-05-14 當山日出夫(とうやまひでお)

『いだてん~東京オリムピック噺~』2019年5月12日、第18回「愛の夢」
https://www.nhk.or.jp/idaten/r/story/018/

前回は、
やまもも書斎記 2019年5月7日
『いだてん』あれこれ「いつも2人で」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/07/9069425

またこのドラマの視聴率がおちたんではないだろうか、ちょっと気にならないではない(このドラマ、視聴率の点では芳しくないようである)。面白いといえば面白いドラマなのだが、全体を通じて何を言いたいのか、そこのところが今一つ茫漠としてる印象がある。近代日本のスポーツのいろんなエピソードをつないで、それを志ん生の物語とからめてあることは分かるのだが。

この回は、女子のスポーツ。

今でこそ女子スポーツはさかんであるが、時は大正時代である。女子のスポーツも、西欧からの輸入品であった。今の視点から見れば、珍妙としか思えないのだが、その当時の人びとにとっては、きわめて真剣なことであったにはちがいない。が、当人たちが大真面目になってやればやるほど、傍目にはどこかしら滑稽に見えたりもする。

オリンピックと女子スポーツといえば、人見絹枝であり、前畑秀子、というような名前が思い浮かぶ。これから、このドラマは、オリンピックでの、女性の活躍を描いていくことになるにちがいない。その伏線として見ておけばいいのだろうか。

それから、志ん生の部分。これが、私にはであるが、今一つ面白いとは感じられない。落語に精通していて、志ん生という落語家について詳しく知っているならば、その若い時の姿として、それなりに面白く見られるのかもしれないが、残念ながら、私にはそれだけの予備知識がない。

とはいえ、小梅(橋本愛)が、なんとなくいい雰囲気を出している。ちょっと古風な大正時代の女性でありながら、現代的なところも感じさせる。また、志ん生を描くことによって、日本の近代のある面を語ることになるのだろうと思ってみている。スポーツから見た近代とはまた違った近代の姿がそこにはあるはずである。

次回は、箱根駅伝のようだ。どのように描くことになるのか、楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-05-21
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月21日
『いだてん』あれこれ「箱根駅伝」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/21/9075115

藤の花2019-05-15

2019-05-15 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日なので花の写真。今日は、藤である。

前回は、
やまもも書斎記 2019年5月8日
アオダモ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/08/9069845

桜が散って、藤の花が咲くと、ようやく春になったと感じる。その藤の花も、もうおわりになってしまっている。

この花については、去年も書いている。

やまもも書斎記 2018年5月2日
藤の花
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/05/02/8839973

『言海』にも載っている。去年は言及していないので、引用しておく。

ふぢ 名 藤 〔葛(フヂ)ノ名ヲ專ラニス〕
(一)蔓生ノ植物、年久シキモノハ、甚ダ大クシテ木ノ如シ、架ニ延ハシメ花ヲ賞ス、花、夏ノ初ニ、穗ヲナシテ開ク、蛾形(マメザキ)ニテ四瓣ナリ、莢ヲ結ブ、なたまめニ似テ小ク、内ニ子アリ、形、碁石ノ如シ。花ノ色紫ナルハ、穗、五六尺ニ至ル。 紫藤 白花ナルヲしら-トイフ、穗短ク、開ク事早ク、葉、大クシテ厚シ。

この花も、我が家のものはもう終わりにちかづいている。まだ少し残っているぐらいだろうか。

掲載の写真は、我が家の藤棚のもの。それから、最後に掲載のものは、我が家の山に自生している藤である。たぶん、自生の藤だろうと思ってみている。これも、近づいて観察すれば種類が分かるはずなのだが、面倒なのと、山の中に足をふみいれるのが少しあぶないのとで、試さずにいる。

藤

藤

藤

藤

藤

藤

藤

Nikon D500
Nikon D7500
AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

追記 2019-05-22
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月22日
シャガ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/22/9075476

訓点語学会(120回)に行ってきた2019-05-16

2019年5月12日、訓点語学会の研究発表会が、京都大学の文学部であったので行ってきた。

午前中に家で一つ仕事があったのだが、それが終わってから、11時前頃に家を出ただろうか。12時すぎぐらいに、出町柳についた。京都大学までの途中で、軽く昼食。大学についたのが、1時すこしまえぐらいの時間であった。

今回の研究発表会は、なかなか充実していたと思う。訓点語そのものについての発表もあったし、古辞書についてのもの、訓点資料デジタルアーカイブの教育への利活用についてのものなど、多彩であった。

ちょっと気になったところについては、いくつか質疑応答の時間の時に発言しておいた。

終わって、いつものように懇親会。だいたいいつもどおりのメンバーで、いつものような感じであった。

ちょっと早い目に懇親会場を出て、これは、まったく去年と同じメンバーになったが、四人で百万遍近くのお店で、軽く二次会。「令和」の年号のことなど、いろいろ話しをして、終わってタクシーで京都駅まで。

私と、それから、ほぼ同年配の先生と二人で、京都駅のビルのなかで、ビールなど飲んでから、近鉄に乗った。日曜の晩の京都始発であるので、西大寺まで急行で座っていけた。家に帰ったら、11時をすぎていただろうか。

次回は、10月20日に、東京大学で開催である。その予定を、会場の教室で手帳にメモしておこうと思って、カバンの中に手帳の無いことに気づいた。家にかえって探してみたら、この前、出かけたとき(国語語彙史研究会、関西大学)に来ていた上着のポケットの中にいれっぱなしになってしまっていた。

手帳は、毎年、同じものを買っているが(高橋の104番)、もうそんなに予定を記入することもなくなっている。毎週の授業の予定(回数)と、たまに出席することにしている学会などの開催予定ぐらいである。

今週末は、さらに、近代語研究会(関西大学)、日本語学会(甲南大学)と続く。これらも出席の予定でいる。

『おしん』あれこれ(その三)2019-05-17

2019-05-17 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2019年4月22日
『おしん』あれこれ(その二)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/04/22/9062890

今週から、おしんが大きくなって、成長して、田中裕子に変わった。先週まで、子役の小林綾子であった。

加賀屋では、おしんは幸せな生活を送っているようである。大奥様をはじめ、加賀屋の人たちにみこまれて、大事にしてもらっている。稽古事も、きちんと教えてもらったようである。

ここで重要になってくるのが、学校に通うことができなかったおしんにとって、加賀屋で日々が、「読み書きそろばん」をはじめとする、生きていくためのリテラシー……「教育」……を身につける場所になっていたということだろう。この後のおしんの生活は、決して楽なものではないのだが(それは、以前の再放送の時に見て既に知っている)、ともかくも、生きていくことができたのは、その基礎を加賀屋で仕込んでもらったおかげということがいえるだろう。

このドラマは、小作の娘が、近代市民社会の中で会社経営者にまでのぼりつめていく物語である。ある意味では、一種の教養小説のような面がないではないと思える。小作農の娘として、貧乏のつらさをしみじみと味わってきたおしんである。なんとか社会の上層をめざして頑張ろうとする。その努力の根底には、小作農の子どもという出自からどうにかして脱出したいという強い思いがある。

『おしん』が放送されたのは、1983(昭和58)年のことである。まだ、東西冷戦のまっただなかの時代である。「階級」ということばが、まだ社会や歴史を考えるときに、説得力をもっていた時代である。(その後、ベルリンの壁の崩壊を経て、「階級」ということばも、意味を失っていったかと感じられてならない。)

「階級」の壁をこえてよじ登るには、個人の努力だけではどうにもならない。おしんの場合であれば、加賀屋で得た「教育」がそれを可能にしたといえるのかもしれないと思う。この意味では、おしんは運がよかったということになるのであろう。

ところで、「おしん」の名前は「おしん」なのだろうか。ちょっと気になっている。「お」+「しん」ということではないようだ。なぜなら、ドラマのなかで、おしんが自分自身のことを「おしん」といっているシーンがあるからである。

この週の放送では、浩太(渡瀬恒彦)から、電話で呼び出されたとき、自分のことを「おしんです」と名乗っていた。「お」+「しん」なら、自分で自分のことをいう場合には、「しん」であるはずだが、どうだろうか。

たとえば、加賀谷の娘の加代であるならば、人からは「お加代さま」といわれていても、自分で名乗るときには、「加代」だけになると思う。

『おしん』というドラマは、社会の底辺にいた小作農の娘が、世の中に出ていく物語である。まだドラマははじまったばかりといえるかもしれない。これから幾多の試練がおしんの人生におこることになる。日本の近代の歴史を考えながら、このドラマを見ていこうと思っている。

追記 2019-06-08
この続きは、
やまもも書斎記 2019年6月8日
『おしん』あれこれ(その四)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/06/08/9082632

『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編)(上)村上春樹2019-05-18

2019-05-18 當山日出夫(とうやまひでお)

騎士団殺し(1)

村上春樹.『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編)(上)(新潮文庫).新潮社.2019(新潮社.2017)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100171/

続きである。
やまもも書斎記 2019年5月13日
『ダンス・ダンス・ダンス』(下)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/13/9071854

『1Q84』から、基本的にさかのぼる形で村上春樹の作品(長編)を読んできている。そして、のこっていたのが、この最新の作品『騎士団長殺し』である。

これまで村上春樹を読んできて思うことを書いてみるならば……村上春樹は、現代において「異界」を描いている作家である、ということである。この世の世界とは別にある、しかし、この世からすぐそばにある、あるいは、この世が反転した別世界のように、「異界」はある。

『騎士団長殺し』は、文庫本で四冊になる。第1部の上巻を読んだ限りでも、「異界」への入り口が描かれる。

その一つは、主人公の家の敷地のなかにあった、石のほこら。そこから、ある夜ふけから、鈴の音が聞こえる。不審をいだいて、その石組みを解体してみることになる。そこにあったのは謎の空間である。まさに、これこそ「異界」でなくて何であるのだろうか。

また、家の屋根裏から発見された謎の絵……「騎士団長殺し」、これは何を意味するのか。

いや、そもそも、この小説の主人公は、肖像画家という設定である。肖像画も、また、この現実の世界から離れて、絵という異世界に人物をうつすことにほかならない。

謎の絵、肖像画を依頼した謎の人物、そして、謎の空間……これらをふまえて、この小説は、どのような展開を見せることになるのだろうか。次巻以降を楽しみに読むことにしたい。

追記 2019-05-24
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月24日
『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編)(下)村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/24/9076256

『なつぞら』あれこれ「なつよ、今が決断のとき」2019-05-19

2019-05-19 當山日出夫(とうやまひでお)

『なつぞら』第7週「なつよ、今が決断のとき」
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/07/

前回は、
やまもも書斎記 2019年5月12日
『なつぞら』あれこれ「なつよ、雪原に愛を叫べ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/12/9071407

なつは、アニメーターになることを決意する。

この週で描いていたことのポイントは次の二点だろうか。

第一に、なつの決断。なつは、東京に出てアニメーターの道をすすむことを決断することになる。北海道の農業高校の生徒である。アンメーションに知識が豊富ということではない。ただ、そのような職業があることを知っているだけである。

だが、なつは、十勝で酪農をつづけるよりも、東京に出てアニメーション(漫画映画)の世界で仕事をすることを選択する。

第二に、なつの家族への思い。十勝の柴田家は、なつにとって家族である。普通なら、このまま十勝にとどまって酪農をつづけるということになるのかもしれない。アニメーションの道を選ぶということは、なつにとっては、十勝の家族との別れをも意味する。

そのなつを、開拓者の精神で後押しすることになるのが、じいさんの泰樹である。単身、北海道にわたってきて牧場を作ってきた泰樹は、その開拓者の精神で、なつに東京に出てアニメーションの世界の開拓者になることを、すすめることになる。

以上の二点をポイントとして、さらに見ておくべきは、天陽への思いであろう。東京に出て行くということは、とりもなおさず、天陽との別れをも意味する。新しい世界への期待と、別れなければならない人への思い、この複雑な感情を、広瀬すずは、うまく出していたように思う。

次週は、東京編がはじまるようだ。東京でのなつの新生活がどのようなものになるのか、楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-05-26
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月26日
『なつぞら』あれこれ「なつよ、東京には気をつけろ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/26/9077052

日本近代語研究会(2019春、関西大学)に行ってきた2019-05-20

2019-05-20 當山日出夫(とうやまひでお)

2019年5月17日(金)に、日本近代語研究会が関西大学であったので行ってきた。この研究会は、近年では、日本語学会の開催にあわせて、前日の金曜日に開催ということになっている。

朝の10時ごろに家をでて、近鉄から地下鉄にのりかえて行く。駅でおりて、簡単に昼食。会場は、この前の国語語彙史研究会の時と同じところ。まようことなく行くことができた。

発表はいろいろと面白かった。

質疑のときに、いくつか発言してみた。

一つには、もう「今昔文字鏡」はつかわない方がいいということ。JIS規格を越える漢字については、Unicodeで対応する方がいい。その時、実装されているフォントのバージョンと、どの範囲のUnicodeの漢字を収録しているのか、確認しておく必要がある。

第二には、HNGを見ていなかったということについて。漢字の規範の歴史を考えるとき、HNGは必須といっていいだろう。これが、しばらく止まっていたが、つい最近になって復活している。このことについて、指摘しておいた。

漢字字体規範史データセット
http://www.hng-data.org/

第三に、今の日本語では、PCの観点から、「マン」を避ける傾向がある。例えば、「ビジネスマン」とは言わずに「ビジネスパーソン」と言う、などである。このような、今の日本語に起こっている現象を、BCCWJでは捉えることができない。BCCWJのデータは、ある意味では、もう過去の日本語のものになっている。今まさに日本語において起こっている現象を観察して捉える視点が重要である。

最後の講演、「日本語の呼称の歴史」。日本語のことを研究していながら、日本語のことを「日本語」というようになった歴史ということについては、これまであまり考えられてきていないという話し。これは、多く教えられるところがあった。

終わって、懇親会。

どういうわけだか、懇親会の乾杯の挨拶をたのまれてしまった。(ちょっと前にも、国語語彙史研究会で同じようなことがあった。)特に話すこともないのであるが……Unicode変体仮名がコンピュータに実装されて使用できるようになっていること、それから、今度の7月26日に、国語研で、「東洋学へのコンピュータ利用」が開催になること、など話しておいた。

懇親会が終わったら、二次会には行かずに帰った。それでも、家に帰ったら、10時ごろになってしまっていただろうか。翌日は日本語学会が甲南大学で開催である。

追記 2019-05-23
この続きは、
やまもも書斎記 2019年5月23日
日本語学会(2019春、甲南大学)に行ってきた
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/23/9075887