『なつぞら』あれこれ「なつよ、夢をあきらめるな」2019-06-02

2019-06-02 當山日出夫(とうやまひでお)

『なつぞら』第9週「なつよ、夢をあきらめるな」
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/09/

前回は、
やまもも書斎記 2019年5月26日
『なつぞら』あれこれ「なつよ、東京には気をつけろ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/26/9077052

ようやくなつはアニメーションの世界に入ることができた。

この週で描いていたのは、次の二点だろうか。

第一には、兄の咲太郎のこと。

咲太郎に悪意はない。いや、非常に強く妹のなつのことを思っている。しかし、それが、時として裏目に出る。アニメーションの会社の入社試験のとき、咲太郎が社長に余計なことを言っていなければ、無事にとおっていたかもしれない。いや、とおっていただろう。

結局、なつは二度目の採用試験をうけて、今度は無事に合格する。アニメーションの世界に入ることができた。その祝いの席で、咲太郎は、本当にうれしそうであった。

悪い兄なのではないが、これから、またひょっとして、その思いが裏目に出ることがあるのかもしれない。このあたりが気になるところである。

第二には、なつの周囲の人びとのやさしさだろう。

新宿の川村屋の人びと、それから、風車の亜矢美……どれも、いい人たちである。アニメーションの会社に入ることになって、なつは風車の方に住まいを移すことになる。だが、川村屋とまったく縁がきれたということはないであろう。雪次郎もいるし、それに、咲太郎はまだマダムに借金があるはずである。

川村屋の人びとも、風車の亜矢美も、みななつには親切である。東京で、これから新たにアニメーションの世界で生きていくことになるなつにとって、これらの人びとのささえが、これから生きてくることになるのだろう。

以上の二点が、この週を見て思ったことである。

ところで、舞台は、東京に移っているのだが、時として、北海道の十勝の家族のことも出てくる。その時に、映る北海道の景色が、なんとも心安まる感じがする。北海道の家族もまたなつのことを思っている。

なつは、裏方の仕事がしたいと語る。アニメーターの仕事も、ある意味では裏方の仕事である。そこに生きがいを見出していくのが、なつのこれからの生き方になるのだろう。

ちょっと気になったこととしては、北海道の夕見子が、東京に電話をかけていたシーン。街角の赤電話から、東京への長距離通話は、この時代(昭和30年代のはじめ)では無理だったのではないだろうか。ここのところが、ちょっと気になった。(私が東京で学生として一人暮らしをはじめたころ、昭和五〇年のころであるが、ようやく一〇〇円硬貨の使える公衆電話……確か色は黄色だったろうか……が登場したのを憶えている。)

次週、いよいよ、なつはアニメーションの世界にはいっていくことなるらしい。楽しみに見ることにしよう。

追記 2019-06-09
この続きは、
やまもも書斎記 2019年6月9日
『なつぞら』あれこれ「なつよ、絵に命を与えよ」
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/06/09/9083230

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/06/02/9079887/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。