『おしん』あれこれ(その四)2019-06-08

2019-06-08 當山日出夫(とうやまひでお)

続きである。
やまもも書斎記 2019年5月17日
『おしん』あれこれ(その三)
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/05/17/9073429

以前に、再放送の時、『おしん』は全部見ているので、そのさきのことまで知ってはいるのだが、おしんの人生をふりかえって、今……東京で髪結いの仕事で生活しているころ……このころが、一番幸せな時であったかと思う。

東京に出てきて、おしんは、たか(渡辺美佐子)のもとで髪結いの仕事につく。はじめは日本髪を仕事にしようとしていたのだが、たかの考えるところもあって、洋髪の仕事にたずさわるようになる。そこで、カフェに出髪に行って、女給たちと親しくなる。

ここまでの放送でのポイントは、次の二点になるだろうか。

第一は、おしんは、自分の腕で稼いでいくようになるということである。今後、おしんの生活にはさまざまな苦労があるのだが、最終的には、スーパーの経営者、実業家として、成功をおさめることになる。それまで紆余曲折ある。しかし、どのような場合でも、おしんは、基本的に自分の才覚で事業をはじめている。

第二は、おしんのことばである。東京に出てきてすぐのころのことばは、まだ山形方言が強く残っていたが、髪結いとして独り立ちするようになるころには、東京方言を身につけている。これから、日本各地でおしんの人生が展開することになる。このとき、東京で働いて生活して、東京方言を身につけているということが、結局、おしんの仕事にとってプラスになっていくことになる。

実業家として名をなすには、やはり東京方言がふさわしいということになるのだろうか。ともあれ、ここで、おしんが東京方言を話すようになっていることは、これからのドラマの展開にとって、重要な意味をもってくることになると私は思っている。(ドラマの現在のおしん(乙羽信子)は、山形方言ではない。)

以上の二点が、今までの放送を見て、また、以前の再放送を見たときの印象を思い返して、考えることなどである。

時代設定は大正時代である。デモクラシーの時代である。小作農の娘に生まれたおしんが、自分の才覚ひとつで社会の階層をあがっていくストーリーとして、まさに、大正時代がふさわしいといえるのかもしれない。(その後、昭和になり、戦争の時代を生きていくことになるのだが。)

ところで、おしんの名前は「しん」であるようだ。米騒動で警察につかまって、警察官が髪結いのたかのところに来たとき、谷村しん、と言っていた。であるならば、おしんが、自分で自分の名前を名乗るときに、「おしん」と言っているのは、ちょっとおかしいと思うがどうであろうか。人から呼ばれるときは、「お」がついて「おしん」であってもいい。しかし、自分で名乗るときには、「お」はつけないのではないだろうか。

東京に出てきて、たかにあったときも、おしんは自分の名前をきかれて「おしん」と言っていた。が、これも、ドラマのタイトルが、「おしん」ということで、「おしん」という名前を強く印象づけたいための脚本かと理解して見ている。