セイヨウイボタノキ2019-06-12

2019-06-12 當山日出夫(とうやまひでお)

水曜日は花の写真。今日はセイヨウイボタノキである。

前回は、
やまもも書斎記 2019年6月5日
ネジキ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/06/05/9081230

この花は去年も写している。
やまもも書斎記 2018年7月4日
セイヨウイボタノキ
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2018/07/04/8908790

我が家の駐車場の垣根に植えてある木である。去年、名前をしらべてみて、セイヨウイボタノキであることを知った。今年は、花の咲く前から楽しみにして待っていた。五月の下旬ごろに花が満開になったろうか。並んで花を咲かせるシモツケ(あるいは、コデマリかと思うが)の花が終わってから、花をつける。

非常に香りがつよい。花が咲いてくると、甘い香りが駐車場に出るとただよってくる。

今年は、どちらかといえば図鑑的な写し方で撮ってみた。花の写真はいろいろ写し方があると思うが、できれば図鑑的な写し方をとこころがけている。どの花であるのか、その特徴をとらえた写し方とでもいおうか。そのためには、その花の特徴となることがら……花びらの数とか、形、雄しべ、雌しべの数、葉の形や付き方……このようなことが分かるように写すことになる。これはこれで、かなり難しい。

しかし、花の写真としてなんとか見られるものであることと、図鑑的に花の特徴をとらえることとは、なんとか両立することだろうと思っている。これからも、身の周りの草花や樹木などの写真を撮っていきたいと思う。

ところで、先週に掲載したネジキであるが、それから、何カ所かで花が咲いているのを見つけた。歩いていて、足下に、ちょっと大きめの米粒のような白い花が落ちているのを見て、上を見てみるとネジキの花が咲いている。我が家の周囲のかなりにこの木の花があることがわかった。

セイヨウイボタノキ

セイヨウイボタノキ

セイヨウイボタノキ

セイヨウイボタノキ

セイヨウイボタノキ

セイヨウイボタノキ

Nikon D500
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED