『神の子どもたちはみな踊る』村上春樹2019-06-14

2019-06-14 當山日出夫(とうやまひでお)

神の子どもたちはみな踊る

村上春樹.『神の子どもたちはみな踊る』(新潮文庫).新潮社.2002 (新潮社.2000)
https://www.shinchosha.co.jp/book/100150/

続きである。
やまもも書斎記
『レキシントンの幽霊』村上春樹 2019年6月13日
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/06/13/9085919

文学的想像力……この世界におこったできごとを「文学」として把握する洞察力とでもいえるだろうか、この作品には、何よりもこのことを強く感じる。

収録作品の初出は、1999年。連作『地震のあとで』その一~その六、として発表されたもの。「地震」は、1955年の、神戸の地震である。

この地震のあった時のことは、私は、まだかなり鮮明に記憶している。一月一七日、朝、地震で目が覚めた。幸いなことに、我が家においては被害はなかった。その日から、数日は、テレビを見て過ごしていた。

この震災について、いくつもの文学作品やノンフィクションがあるだろう。その中で、小説、文学として、この震災を描いた作品として、この『神のこどもたちはみな踊る』は、傑出していると思う。

だが、直接、震災の描写があるというのではない。どの作品にも、どこかで、ふと言及されるだけなのだが、どの作品においても、その震災があったことが、ストーリーの展開のうえでキーになるように書かれている。

震災のとき、この世に生きる人びとに何がおこったのか……それを、文学的に表現するとなると、このような表現の仕方もあるのか、そう感じさせる。これは、震災文学といってもいいだろう。(このように規定されることを、作者は、否定するかもしれないが。)

収録されている作品のなかで、一番印象にのこるのは、『かえるくん、東京を救う』である。なんとも奇妙な物語なのだが、読み始めて、その物語世界の中に入ってしまう自分に気付く。そして、読後、この作品が、震災を描いた作品に他ならないことを、あらためて感じる。

ともあれ、文学的想像力というものが、震災のようなできごとをどう描くことができるか、この点において、きわめてすぐれた文学的達成をはたしている。おそらく、村上春樹の長編では描くことのなかった世界がここにはある。

次は、『東京綺譚集』である。

追記 2019-06-15
この続きは、
やまもも書斎記 2019年6月15日
『東京綺譚集』村上春樹
http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/06/15/9087095

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログの名称の平仮名4文字を記入してください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamamomo.asablo.jp/blog/2019/06/14/9086543/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。